×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






2009.10  



大きな地図で見る


大分空港(現在の気象状況)
Click for 大分空港, 日本 Forecast


ホーバークラフトに乗ろう

 廃止された日本最後のホーバークラフト航路  【大分県】


船体の下にあるエアクッションを膨らませたユニークな姿のホーバークラフト。
かつては瀬戸内海や沖縄などで活躍したホーバーも、大分市と大分空港を結ぶ大分ホーバーフェリーが残るのみに。
しかし会社の負債が大きくなったほか、製造メーカーからも部品の供給ができなくなるとの通告を受けて運行を断念。
2009年(平成21年)10月31日の運行で航路廃止、会社は清算されることに。
これで日本のホーバークラフトは全滅することに。
なくなる前に乗っておかねばと急いで飛行機に搭乗し、大分空港に向かった。


ホーバークラフトは航空便の発着に合わせて運航。
大分空港に着いたらすぐに乗り場へ向かいたいところだけど、その前に空港名物を。
それはこの巨大回転寿司。
預け荷物を受け取るターンテーブルに乗ってきます。
もちろん食べられないけど。







空港からの連絡通路を通って「空港のりば」へ。
切符売場は大混雑。







切符を買ったら乗船を待つ人の長い列へ。
床に貼り付けられたホーバーのマークも見納め。







ホーバーのりばは海上ではなく地上。
地上に置かれたタラップを上って乗船するのだ。
乗船するホーバーは「ドリームアクアマリン」。
大分ホーバーフェリー最古参で、1990年(平成2年)就航。







後部に取り付けられた大きなプロペラ。
下にあるゴム製のエアクッションに空気を送って船体を浮かし、このプロペラで推進力を得て進む構造。







船室の定員は105名。
一番前の真ん中に操舵席がある。
運航時間が短いのでトイレはない。







空港のりばから滑走路の横に設置された航走路を行く。
途中にS字カーブがあり、ホーバーは横向きになって進む(ドリフト走行)。







航走路を抜け、海上へ。
別府湾を一直線に大分を目指す。







船内にあったJALの広告。
こんな心配も残念ながらなくなってしまいます。







前方に大分基地が見えてきた。
海からの斜面を上がった先に他のホーバーが見える。







大分空港からは30分で大分基地に到着。
下りる前に操舵席を見ておこう。
なんか船の操舵席に見えないけど。
(実はホーバークラフトは航空機の一種)







タラップから海を見る。
ここ大分基地は大分川の河口に位置し、かつてはここに大分空港があったそうだ。







大分基地の前で待つ大分駅行きの連絡バス。
小型のバスだけど、ホーバーのラッピングがされた専用バスだった。







最後にドリフト走行をするホーバークラフトの姿を。







船体が横向きになり、







そのままカーブに突入!




そして海へと向かっていった・・・。

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他旅行記

BLOG


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン






HOME

船・バス等
九州・沖縄地方

Copyright(c)nekomask