×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





2009.2  



 

リスボン(現在の気象状況)

Click for リスボン, Portugal Forecast






































































































































































































































































リスボンの路面電車を撮影しよう

■その2 アルファマ地区へ  【ポルトガル】


☆リスボンの路面電車の写真ならアルファマ地区。

リスボンの路面電車と言えば、狭い路地を走りぬけるレトロな電車。
その中でも一番狭い路地を走るのが、アルファマ地区。
電車の幅ギリギリしかないような路地を走っている。
走ってくる電車にぶつからないように撮影しよう!


さっそくアルファマ地区の路地に立って電車を待ち構える。
すると、坂を上ってくる28番の電車が見えた!





電車が路地に入ってきた!
ここだと横にまだ余裕がありそうだけど・・・。





だが、ここでもうギリギリ。
電車の横に立っていたらぶつかりそう (;゜д゜)





目の前を電車が通過していった。
私の立っている場所は少し広くなっている。
だけど電車が通るの近すぎ。





左折するためにちょっと右に膨らんだ曲線を通過。
そして路地の奥へと消えていった。





何がすごいって、ここの線路は単線だけど一方通行じゃない。
ちなみに、この狭い路地に自動車だって走ってくる。


そうこうしているうちに、反対方向から電車が接近。
この場所はまだ横を歩いていかれるスペースがある。





そして目の前を電車が通過!





この狭さ、わかってもらえます。
カーブのところに立っていたら、確実にぶつかります。





路地を抜けて複線区間へ。
後ろに見える白い建物は、サン・ヴィセンテ・デ・フォーラ教会。





次は12番(左)と28番(右)の合流地点。
両方の系統ともにここは単線区間。
しかもこんなうねったような地形にレールが敷かれている。





そしてポルタス・ド・ソル広場へ。
奥の方が開けているけど、その向こうは展望台。





展望台からはテージョ川が見渡せる。





展望台の左方向を。
右側の鐘楼のある白い建物は、サント・エステヴァン教会だろうか。





ポルタス・ド・ソル広場からさらに28番に沿って歩いて行こう。





カテドラルの前を通過する電車。
午前中はカテドラルが逆光(T−T)
午後に来ればよかった・・・。





夜にも出動!
3枚上とほぼ同じ角度で。





ポルタス・ド・ソル広場を走る電車。





カテドラルの前を走る電車。





夜の路面電車の撮影、実はことごとく失敗。
ダメだな、こりゃ。
もうホテルに帰ろう。
12番の電車に乗ってフィゲイラ広場へ。
木製の車内から見るリスボンの町も最高です。





フィゲイラ広場に到着。





これで今回の旅行はおしまいです。
長々と失礼しました。


HOME  リスボン各地区の路面電車に戻る  海外の鉄道  ポルトガル

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン



Copyright(c)nekomask