×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






2009.9  



大きな地図で見る


ニューヨーク(現在の気象状況)
Click for ニューヨーク, New York Forecast


ニューヨークに行こう

■その1 ブルックリン橋を散歩  【アメリカ】


「ニューヨークへ行きたいかぁぁっっ!!」
「おーーっっ!!」


私、某クイズ番組でニューヨークに憧れていた世代です。
あれから月日が流れ、今回ついにニューヨークへ行ってしまいました。
ニューヨークで観光とショッピング?
いえいえ、鉄分摂取のスタンスは崩せません。


ニューヨークで最初に向かったのはブルックリン橋。
映画に何度も登場した、イースト川に架かる吊り橋だ。
1883年(明治16年)に完成し、長大な吊り橋の起源になるそうだ。
このブルックリン橋の真ん中に歩道があり、良い散歩コースになっている。
ブルックリン側から渡るとマンハッタンを眺めながら歩くことになって更に良いとか。
「地●の歩き方」には行き方がわかりにくいと書いてあったけど。
でもせっかくなら眺めが良い方でしょ!ということで、地下鉄A線でHight St駅へ。







マンハッタンから来た電車の後寄りの出口で地上へ。
道路の反対側、写真の右側に見える公園を抜けて1本向こうの通りに行こう。







北へ向かって歩いていくと見えるのがこの高架橋。







この高架橋の下、ちょうど真ん中にブルックリン橋の歩道の入口がある。
左の階段がブルックリン橋への道。







階段を上がると車道に両側を挟まれた歩道へ。
右奥に見える吊り橋はマンハッタン橋だ。
この歩道の通行区分はマンハッタン方向の左側が人、右側が自転車。
けっこうなスピードで自転車が走り抜けるので、右側は立入注意!







ブルックリン橋本体部分に差し掛かると、歩道はアスファルトからボードウォークに。
主塔の上には星条旗が掲げられている(無風状態でなびいてないけど)。







ブルックリン橋の北側に架かるのはマンハッタン橋。
上下2段になっていて、下の段には地下鉄B・D・N・Q線と、4つの路線が走る。
現在は無くなっているけど、ブルックリン橋にも電車が走っていたそうだ。







視線を左側に移せば、遠くにマンハッタンの摩天楼が。
もやってしまっているのが残念。







次は橋の下流側。
ビル群の手前、イースト川に面した部分はサウスストリートシーポート。
19世紀まではニューヨークの海運の中心だったそうだ。
現在は再開発されてショッピングモールになっている。







そして遠くを眺めれば、自由の女神!







マンハッタンに向かってどんどん歩いていきましょう。







ケーブルが歩道の下にもぐりこむところ。
マンハッタンは目の前!







ここがブルックリン橋の終点!
歩道もボードウォークからアスファルトへ。







ブルックリン方向に振り返り、1段下を走る車道を見る。
昔はこの車道に路面電車が走り、端には高架鉄道が走っていたそうだ。







橋を抜けると、道路が少しだけ渋滞中。







左右に走るセンターストリートに突き当たったところでブルックリン橋のお散歩終了。




上の写真の場所に地下鉄4・5・6線Brooklyn Bridge-City Hall駅の入口がある。
次は地下鉄に乗ってウォールストリートに行こう!

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他旅行記

BLOG


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン





HOME

その他旅行記
アメリカ

Copyright(c)nekomask