×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






2009.8  



大きな地図で見る


岐阜(現在の気象状況)
Click for Gifu Air Base, 日本 Forecast























































































































関ヶ原ウォーランドに行こう

■その1 関ヶ原駅からウォーランドへ  【岐阜県】


☆まずは東軍と西軍の陣地を見てから。

1600年(慶長5年)、天下分け目の戦いが行われた関ヶ原。
徳川家康が中心の東軍と、石田三成が中心の西軍に分かれ、ここで激しく戦った。
そして現代。
当地関ケ原町には「関ヶ原の戦い」を再現した関ヶ原ウォーランドがある。
この関ヶ原ウォーランド、日本有数の珍スポットとして有名なのだ。
日本有数の珍スポットを目指し、東海道本線関ヶ原駅に降り立った。






駅から関ヶ原ウォーランドまで歩いていくと約30分。
その途中、緩やかな坂道を歩いていると道の右側に石碑と葵の御紋の幟が。
ここは徳川家康の陣地跡
これはやっぱり寄っていかないとね。






陣地の奥は陣場野の床几場跡。






陣場野の床几場とは首実検をした所。
看板の絵のように、敵将の首を徳川家康が実際に確認したそうだ。
取って来た首によって褒賞が変わってくるのだ。






次は石田三成の陣地があった笹尾山 にも行ってみよう。
国道から脇道に逸れ、坂道を登って行くと陣地が見えてきた。






陣地の前にあったオブジェ。
兜をモチーフに、関ヶ原合戦400年祭りで製作したそうだ。






しかししかし、気になるのはコレ。
な、なんだ、このデロンとしたものは!?



「新しい何かが生まれでる予感を表す滴」らしいのだが、
どー見てもキン●マにしか見えない!





キン●マのある場所、実は石田三成の陣地跡ではない。
この山の上が陣地跡。
がんばって登ってみるか。






坂道を登り切ると、幟が見えてきた!






ここが笹尾山の石田三成陣地跡






天気がよければ眺めも・・・。
左下の方が徳川家康陣地跡。
右の方の山が、西軍から東軍に寝返った小早川秀秋が陣取った松尾山。






笹尾山を下り、関ヶ原バイパスの手前を左に曲がると城壁?が見えた!



ここが関ヶ原ウォーランド
いよいよワシも出陣じゃ!

                   →出陣する人はコチラへ

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他旅行記


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン






HOME

国内の珍スポット
中部地方

Copyright(c)nekomask