×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





2008.5  



 

ルクセンブルク(現在の気象状況)

Click for ルクセンブルク市, ルクセンブルク Forecast
























































































































































































































ヨーロッパ弾丸ツアーに行こう

■その33 ルクセンブルク90分1本勝負  【ルクセンブルク】


☆やっぱりここでも急いで観光!

神奈川県や佐賀県と同じくらいの広さの国、ルクセンブルク大公国。
その首都ルクセンブルクは人口86000人の小さな都市。
「ルクセンブルク:その古い街並みと要塞群」として世界遺産にも登録されている。
だけど今回は(も?)ロクな観光はせず、ルクセンブルクの町を歩いて1周しただけ。
えっ、勝負ですか?
「負けた」と思います・・・(´Д`lll)



大きな地図で見る


観光の起点はルクセンブルク中央駅。
ここの駅舎の天井に描かれたこの絵が見たかった!
高い天井に空をイメージした絵、いい感じ。





逆光でダメダメだけど、これがルクセンブルク中央駅の外観。
とんがり屋根の時計塔が印象的。





ルクセンブルク観光スタート。
90分後には次の列車に乗るからね。





屋台で開店準備していた。
食材の下ごしらえに忙しそう。
その屋台の前に置かれたゴミ箱。
なんだなんだ、上に乗っているのは昨日の残飯??
近くで見れば作り物。
ちっ、騙された・・・。





誰だ誰だ、歩道にコードをほったらかしていったのは?
足に引っかかったら危ないじゃないか ヽ(`Д´)ノ
落ち着いて見ればラクガキ・・・。
うーむ、だいぶ疲れているようだ。





深い渓谷にかかるアドルフ橋を渡る。
この橋の向こうがルクセンブルク中心部。





アドルフ橋からの眺め。
この下にはペトリュッス川が流れているはずだけど。
木々に覆われてその流れは見えない。





アドルフ橋を渡ったところでSL型のミニトレインに出会う。
もちろん乗る余裕はない!
残り時間は60分 (*`・ω・)ゞ





この道に入って行きたいなぁ。
大公宮とか市庁舎とかあるのに。
ちょっと時間的に厳しいのでパス。





憲法広場にやってきた。
さっき渡ってきたアドルフ橋を眺める。
やっぱりペトリュッス川は見えない。
下に降りる遊歩道があるけど、気力も体力も時間もないっ!





今日もいい天気じゃのぉ。





町の中心になるノートルダム寺院。
少しだけでも中に入っておけばよかったな。
帰国してから後悔。





さあ、ルクセンブルク駅に戻ろうか。
列車に乗る前にお昼ご飯を買っておきたいし。
ということでルクセンブルク観光終了。
こんなのでいいのかなー( ̄▽ ̄;)





そうそう、忘れるところだった。
ペトリュッス川が見えたので報告します。
たったこれだけの流れでございました。。。





せっかくの世界遺産に指定された街並みの観光もここまで。
次はブリュッセルに行こう。


HOME  国際列車に戻る  ブリュッセルに行く   世界遺産  ルクセンブルク

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン



Copyright(c)nekomask