×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





2008.5  





コペンハーゲン(現在の気象状況)

Click for コペンハーゲン, デンマーク Forecast




































































































































































































































































































































































ヨーロッパ弾丸ツアーに行こう

■その42 最後はコペンハーゲン観光  【デンマーク】


☆これにてヨーロッパ弾丸ツアー終了です。

長かったヨーロッパ旅行もこれで終わり。
最後のシメはコペンハーゲン観光。
そして翌朝、再びアエロフロート・ロシア航空で帰国予定。


スウェーデンから無事デンマークに帰国しました(・∀・)
マルメ中央駅からの列車はコペンハーゲン中央駅を過ぎ、Osteport(オスタ
ポート)駅に到着。
ここで降りたのは世界三大がっかりの1つ、人魚姫の像を見るため。





オスタポートの駅舎。
電柱が邪魔だけど、オスタポート駅は童話に出てきそうなかわいらしい駅舎。
ここから歩いて人魚姫に会いに行くぞ。





ヨットハーバーが見えてきた。
人魚姫は近いぞ。





いたっ!
人魚姫だっ!!

やっぱり小さい・・・(;´д`)





こちらがかの有名な、そしてコペンハーゲンを代表する観光名所、人魚姫の像。
こうしてアップで写真を撮れば立派に見えるけど、やっぱり小さい。
その高さは125cm、重量175kg。
1913年8月に完成。
人魚姫のモデルは作者の彫刻家エドワード・エリクソンの妻エリーネ・エリクソン。
このエリーネ・エリクソンさん、俳優の故・岡田眞澄氏のおばであるという。
日本に所縁があったとは。
嗚呼、ファンファン大佐 ←もう20年も前なのか・・・。





人魚姫の前で記念撮影をする親子。
今は干潮。
陸続きで人魚姫の像まで行かれる。
だからよく壊されるのか。
ここに来る前、わざわざ海を泳いだりボートに乗ったりして壊しに行くヤツがいる
と思っていた。
歩いて行かれたんだねぇ (;´A`)





そしてこの背景。
バックに広がる工場群。
ハッキリ言えば造船所。
もし人魚が実在したら、こんな所には泳いでこないだろう。
もし絵本にこの風景を描いたら子どもたちの夢は・・・。
さすがは「世界三大がっかり」+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚





それじゃ次行きましょか。
次はゲフィオンの噴水。
これは北欧の神話。
スウェーデンの王様にあることを言われた女神ゲフィオン。
それは一晩で耕せた分だけ土地を与えるということ。
そこで4人の息子を牛に変えて耕しまくり、今のシェラン島を手に入れたそうだ。
息子を牛にしてしまうという荒業もスゴイが、ちょっと気になることが。





鼻から牛乳。

ごめんなさいごめんなさいごめんなさい (;´A`)





次はアメリエンボー宮殿に向かう。





道を歩いていると、ふと気付いた。
建物の上に何か絵が描いてあるのを。
あれはトラ?
それとカニとサカナ。
なんだろう、これは?
何かの紋章?





アメリエンボー宮殿。
今でもデンマーク王室の方々がお住まいになっている。
時刻は20:00になろうとしているけど広場への出入りは自由。
だけどさすがにこんな時間、観光客なんてほとんどいない・・・( ̄▽ ̄;)





それでも衛兵はしっかり巡回中。





次はストロイエに行こう。
こっちの門から出たいけど修復工事中。
人は通れるようになっていたからよかったけど。





ストロイエへの途中、ニューハウンを通る。
新しい港という意味だそうだ。
昔の船着場も今はすっかり観光地。
カフェやレストランが並び、観光客とエサをもらおうとするカモメで賑わっている。





1.5kmもある歩行者天国ストロイエ。
夜になっているからほとんどの店は営業終了・・・。





空はまだ明るいんだけど。
みーんな閉店。
ちと寂しい。





レストランだけは営業中。





路地の間からラウンドタワーが見えた。
建物の中はらせん状のスロープになっていて、上からコペンハーゲンの町を眺
められるらしい。
もう夜遅いから営業していないだろうと勝手に想像。
見学せずにスルーしてしまいましたが( ̄▽ ̄;)





道を歩いていて不思議だったのがコレ。
店が半地下。
道路から見ると店の中を見下ろす感じ。
大雨のときとか大変そう。





Norreport(ノアポート)駅。
これにてコペンハーゲン観光はすべて終了。
電車に乗ってコペンハーゲン中央駅へ戻ろう。





ノアポート駅のホームは地下。
ここからデンマーク国鉄の近郊電車S-tog(エス・トー)に乗る。





コペンハーゲン中央駅に戻ってきた。
後ろに見える塔はチボリ公園のタワー。
夜中まで営業しているけど、ここもスルー。





本日のディナーは屋台で。
今回の旅行での、最後のディナーでもあります。
ベーコンが巻かれたソーセージ、熱々でウマイ!





本日の宿はコペンハーゲン中央駅からほど近い所にあるCab Inn City。
部屋は客船の船室をイメージしているとか。
だから2段ベッドなのか。
明日は帰国する日。
おやすみなさい・・・・。





おはようございます。
Kobenhavns Lufthavn(コペンハーゲン空港)駅に来ています。
コペンハーゲン中央駅からマルメ方面への列車で13分。
これがヨーロッパ最後の鉄分補給。





そして再びアエロフロート・ロシア航空。
帰りはモスクワでの宿泊もないし、着陸時の拍手もなかった。
モスクワ→成田は前が広い席だったからとても快適。





これはコペンハーゲン空港でのお話。
チェックインカウンターで前のロシア人が職員ともめている。
何を言っているかはわからないけど、お金のことらしい。
荷物の超過料金かな?
最後はパスポート返せとか言ってるし。
(実際は自分のカバンの中にありました・・・)
そのロシア人、アエロフロートの事務所に行くよう案内されてようやく私の番。

ぐっどもーにんぐ。
大変ですね。
あっ、通路側の座席が欲しいんだけど。

たったこれだけの会話で前が広い席をいただきました (^-^)


HOME  マルメに戻る   その他  デンマーク

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン



Copyright(c)nekomask