×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






2008.2  



大きな地図で見る


ブエノスアイレス(現在の気象状況)
Click for ブエノスアイレス, Argentina Forecast


地球の裏側に行こう

■その2 駆け足でブエノスアイレス観光  【アルゼンチン】


☆ブエノスアイレスで使える時間は半日だけ。

日本からだと地球の裏側に位置するアルゼンチン。
そんな遠いところまで行って、なぜ駆け足で観光しなくちゃいけない?
移動の疲れを癒してからゆっくり観光すればいいのに。
だけど、だけど、時間がないの・・・。
だって、今回の旅行期間は、

3泊7日+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

ヒューストン空港での有意義(?)な7時間を過ごし、ようやく機上の人になる。
コンチネンタル航空051便ブエノスアイレス行き、約10時間の旅。
水平飛行に写るとさっそく夕食の機内食が出た。
選んだのはラザニア。
美味し。






ヒューストンを出て何時間が経ったのだろう。
まもなく赤道を通過!!






朝食の機内食。
クロワッサン1個とカットフルーツ、こんだけ。






成田を出発して約30時間、ブエノスアイレス・エサイサ国際空港に到着。
空の色が違うなー。
そうだ、今は夏なんだ。






入国審査を終え、空港を出たら市内のホテルに向かう。
ちょっと昼寝したいところだけど、そんなこと言っていられない。
明日の朝にはブエノスアイレスを出発する予定。
現在時刻は12:30を回ったところ。
急いで市内観光をするのだ≡ヘ(*`Д´)ノ






ホテルに荷物を置いたら市内観光に出発!
と、その前にやらないといけないことが。
デジカメの充電・・・。
時間をロスしてしまったが仕方ない。
現在時刻は14:00。
まずは7月9日通りの真ん中に建つオベリスクから観光開始。






「南米のパリ」と呼ばれるブエノスアイレス。
まるでヨーロッパにような街並み。






1858年(安政5年)創業の老舗カフェ、「カフェ・トルトーニ」。
江戸時代から150年も続いているのか!






店内はこのとおり重厚な雰囲気。
一人でこんなところに入ってしまって場違いかな・・・。
そんな心配は無用。
お客さんの半分は外国人観光客みたい






ここでいただいたのがカフェ・コン・レチェとフラン・コン・クレマ。
日本語で言えば、カフェオレとプリン生クリーム添え。
満足(^-^)






カフェ・トルトーニを出て5月広場へ向かって歩く。
途中の歩道には花屋さんが何軒か出ている。
いい雰囲気だなぁ。
・・・あれっ、軒下にぶら下がっているあの看板!

「BONSAI」

こんなところまで盆栽が広まっているのか。
これはきっと、この地に住む日系人のおかげかな?






5月広場で、ハトにエサをあげて遊ぶ親子。






手前に建つ塔のようなのはマヌエル・ベルグラーノ将軍の像。
一番奥にあるのがカサ・ロサーダ。
日本語にすると大統領府。
直訳するとピンクの家。






次はブエノスアイレスで一番の繁華街だというフロリダ通りへ。






フロリダ通りでは大道芸をしている人がたくさんいるらしい。
それを期待して歩いていく。
通りに入ってすぐ音楽を演奏している数人のグループを発見。
おっ、これは期待できるぞ。
先を急ごう。
もっといるはずだ!



■結果報告■
さっきの1組しかいませんでした(T△T)






大道芸を見ることはできなかったけど、解体現場に遭遇。
ほんとうに「体」を解体。
ちょうどチェーンソーで首をぶった切っているところ。
しかし、その首の切り方が危なっかしい。
クレーンから作業員をロープで吊るして作業しなくても・・・。
少し首を切ると、反動で作業員が振られてしまう。
ブランコのように行ったり来たり。
全然作業が進まない。






フロリダ通りを抜け、サン・マルティン広場へ。
広場の真ん中にあるのはサン・マルティン像。






サン・マルティン広場隣の墓碑の前に立つ衛兵。
暑い中、お疲れ様です。
この日の最高気温は32度。






サン・マルティン広場から見たアルゼンチン空軍広場。
奥に英国塔が見える。
その英国塔は大事にされていなくて、壁は落書きだらけ。






英国塔から道路を挟んだ場所にあるレティーロ駅。
かつてはアルゼンチン各地へ向かう長距離列車が発着したターミナル駅。
今はここからブエノスアイレス近郊列車が発着している。
このレティーロ駅には3つの鉄道会社が乗り入れ、それぞれが駅舎を持っている。
写真の駅は1915年に建てられたTBAの駅。



さて、これでブエノスアイレス観光はほぼ終了。
これより鉄分補給に向かいます(*`・ω・)ゞ
                        →まずはTrenas a Tigreに乗車

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他旅行記


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン





HOME

その他旅行記
アルゼンチン
ヒューストンに戻る

Copyright(c)nekomask