×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





2008.7  





香港(現在の気象状況)

Click for 香港, Hong Kong Forecast





































































































































































































































































渡輪を乗り継いでビクトリア港を横断しよう

■その6 西灣河→三家村 〜珊瑚海船務〜  【香港】


☆いよいよラスト。九龍半島の三家村に行こう。

雨が強くなってきた。
寂しさが余計に輪を掛ける。
そしてこの地図。
觀塘〜西灣河航路が地図にないのは承知していたけど、西灣河碼頭の位置も適当。



大きな地図で見る


高層アパートの目の前にある西灣河碼頭。
事前に調べていなければ、ここが渡輪乗り場だと気付かないだろう。





西灣河碼頭の改札口。
通路が1つだけ。
ここの窓口で運賃を支払い、対岸はフリー。
ちゃんとオクトパスカード の機械も置いてある。
小さな渡輪にハイテクなICカード、似合わないな。






待合スペースで船を待つ。
この航路も30分間隔の運航。
柵に「觀塘↓」「三家村↓」と看板があって、入り口が別のように見える。
だけど、中は通路も一緒だし、乗り場も一緒。






船が来たぞー。
さらに小さい船が来たぞー。

なんだ、あの胡散臭い遊覧船みたいな船は・・・。





さあ、最後の渡輪に乗船だ。
最後がやっぱり一番ショボイぞ。
2階席もあるけど、大雨で登れない。





出航!
香港島を後にする。
乗客は私を含め2人だけ。





遠くに岬のような地形が見えてきた。
あの向こうは外海になるはずだ。





九龍半島側に近付いてきた。





見えてきたのは鯉魚門のレストラン街。
海に沿ってシーフードレストランが並んでいるのだ。





大雨の中、ボートを漕ぐおじさん。
こんな天気なのに、海に出て大丈夫?






岸壁で釣りをするおじさん。
ちゃんと釣竿を使用。
頭には傘をかぶっている!





三家村碼頭に到着。
船員さんが竿で岸壁のロープを引っ張る。

仕事してなければ、船員さんなんだか乗客なんだかわからないよ、その格好。





岸壁に接岸です。
目の前、階段です。
最初の頃の立派な桟橋が懐かしい・・・。






ということで、無事に終着点の三家村碼頭に到着!
これでビクトリア港の渡船の旅もおしまい。
長かったなぁ。





三家村碼頭の前はこんな風景。
小舟がたくさん停泊している。
後ろに見える高層アパートは、対岸の香港島。






ちなみに下の地図、やっぱり三家村碼頭の位置が適当。
正確には、もう少し下。



大きな地図で見る


三家村と表記してきたけど、観光客に通りのいい地名は「鯉魚門」。
この鯉のオブジェ、ガイドブックではおなじみですね。
地下鉄油塘駅も徒歩10分くらい。
わざわざ渡輪を乗り継いでくるような場所ではございません。





おしまい・・・(終)・・・


HOME  【その5】へ戻る  船・バス等  香港

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他旅行記


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン




Copyright(c)nekomask