×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






2009.9  



大きな地図で見る


舞鶴(現在の気象状況)
Click for 舞鶴市, 日本 Forecast


加悦SL広場に行こう

■その3 ディーゼル機関車や除雪車など  【京都府】



その他の車両も紹介しましょう。
「その他」と言っても、貴重な車両であることは変わりなし。

まずはDC351ディーゼル機関車。
1956年(昭和31年)製造、青森県の南部鉄道で走っていた。
1967年(昭和42年)に加悦鉄道が譲受し、丹後山田駅から延びていた貨物専用線で使用され、加悦鉄道廃線と同時に廃車。
ちなみに南部鉄道は1968年(昭和43年)の十勝沖地震で運行ができなくなり、そのまま翌年に廃線となってしまった。







ぽっぽー

汽笛の鳴る方を見てみると、ターンテーブルを渡る列車が見えた!








KD−4ディーゼル機関車。
1956年(昭和31年)、加藤製作所で製造されたことから「カトーくん」の愛称がある。
最初は国鉄山陽本線万富駅にあるキリンビール専用線で活躍し、1971年(昭和46年)に岡山駅の日本専売公社側線に転属。
1976年(昭和51年)に廃車となり、岡山県のジーンズ工場で看板として使われていたのを1999年(平成11年)に加悦鉄道保存会が譲り受けた。
カトーくんの後ろは無蓋貨車ト404。
1923年(大正12年)製造、静岡県の遠州鉄道が保線資材運搬用として1999年(平成11年)まで使用していた。






DB202ディーゼル機関車。
1963年(昭和38年)製造、日本冶金が発注し、神奈川臨海鉄道の側線で使用。
1984年(昭和59年)廃車、1991年(平成3年)に加悦へやってきた。
その後ろは1926年(大正15年)製造の有蓋貨車ワブ3。







国鉄山陰本線で使用していた除雪車キ165。
1938年(昭和13年)、秋田県の国鉄土崎工場で製造された。
1981年(昭和56年)、加悦町が展示用として国鉄から借用。
機関車のように見えるけど動力装置は持たず、貨車の扱い。







キ165を後ろから見たところ。
屋根上のタンクは、機関車から送られてくる圧縮空気を溜めるもの。
この圧縮空気で側面に取り付けられた翼を広げ、前頭部で掻き分けた線路上の雪を更に脇と押し広げていた。
黄色のラインは65km/h以下の低速用、「福」の文字は福知山所属を表している。







キ165の車内。
手前が機械室、一段上がったところが操縦室。
青い座席の前に、ダルマストーブと煙突が見える。







1961年(昭和36年)製造の保線用車両TMC100。
このようにラッセルを先頭に取り付けて、除雪車としても使用した。







1956年(昭和31年)製造の元・国鉄キハ10 18ディーゼルカー。
車体軽量化のため断面積が小さく、内装はベニヤ板に塗装したしただけなど、居住性はあまりよくなかったらしい。
しかし日本でディーゼルカーが普及する基礎になった系列車で、同タイプの車両は700両以上が製造されている。
1980年(昭和55年)に加悦鉄道が1両譲受し、廃線まで主力として活躍した。







元・国鉄キハ08 3ディーゼルカー。
元々は大正時代に製造された木造客車ナハ22459。
これを1951年(昭和26年)に鋼体化改造(→オハ62 130)。
さらに1962年(昭和37年)に客車からディーゼルカーに改造(→キハ40 3)。
1966年(昭和41年)に現在の番号に改番。
このタイプは14両が改造されて北海道で活躍していたが、重たい上に非力、扱いにくいということで1971年(昭和46年)までに除籍されてしまった。
そのうちの1両を加悦鉄道が譲受、トイレ・洗面所を荷物室に改造の上で1972年(昭和47年)運転を開始した。
キハ10 18が入線するまでの主力だった。



ところでこのキハ08 3、車内に入れるはずだったんだけど・・・。
よく見ると、一旦外へ出てからでないといけないらしい。





外に出ると駐車場の反対側に電車が1両置かれているのに気付いた。
そばに行ってみると、それは元・京都市電。
それも1895年(明治28年)に日本初の電気鉄道として開通した路線の電車だ。
この電車自体は1910年(明治43年)頃に製造され、1961年(昭和36年)廃車。
宝塚ファミリーランドでの展示を経て加悦に来たそうだ。







車内に入ることはできないのでデッキからのぞきこむ。
2等・3等合造車のハ10と比べると、2等車なみの設備。







駐車場の横に2両の車両が置かれている。
これは車両を改造したカフェ・トレイン蒸気屋。
左は南海貴志川線(現在の和歌山電鉄)を走っていたモハ1202。
右は加悦鉄道で森ブタに牽かれて走っていたサハ3104。
このサハ3104、後で調べてみたら元々は東急東横線の電車!



サハ3104は1925年(大正14年)藤永田造船所でデハ100形として製造された。
東急東横線の前身、東京横浜電鉄が開業用に用意したが、竣工直後に目黒蒲田電鉄(後の東急目蒲線、現在の東急目黒線の一部と東急多摩川線)の電車と交換。
開通したばかりの東横線では走らず、1928年(昭和3年)に再度東京横浜電鉄へ譲渡され、ようやく本来の職場で働くことになった。
東急時代の最後は池上線で走り、1969年(昭和44年)に加悦鉄道へ。
しかし加悦鉄道で活躍できたのは僅か3年、1972年(昭和47年)廃車された。
現在は当時とまったく違う姿に改造されている。





その隣には対照的に現役時代とほぼ同じ姿の元・南海電鉄モハ1202。
1933年(昭和8年)に製造され、南海本線などで使用された。
1973年(昭和48年)に貴志川線に転属、1995年(平成7年)廃車となり、加悦へは休憩室用としてやってきた。
その後、南海貴志川線は廃止されて和歌山電鉄に。
「たま駅長」の活躍へと続いていくのである。







カフェ・トレイン蒸気屋の隣、ショップ蒸気屋へ。
ショップ蒸気屋は普通の建物で、お土産の他に軽食も売っている。
ここで食事を頼むと先ほどのキハ08 3の車内で食べることができるのだ。
うどんを注文し、いざ車内へ。







車内は一部の座席がはずされ、テーブルが取り付けられた。







中に入れないけど運転席ものぞいてみよう。
ここだけ新しいからなのか、客室と内装が全然違う。




そろそろバスの時間が・・・。
本数が少ないから1本のがすと大変なことに。
急いでうどんを食べて、加悦SL広場をお暇いたしましょう。

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他旅行記

BROG


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン





HOME

国内の鉄道
近畿地方
加悦SL広場その2に戻る

Copyright(c)nekomask