×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






2009.9  



大きな地図で見る


ヤンキースタジアム
(現在の気象状況)

Click for full game report!


ニューヨークに行こう

■その3 ヤンキースタジアムでMLB観戦  【アメリカ】


ニューヨークでしてみたかったのは野球観戦!
メジャーリーグの野球が見てみたかったのだ。
日本出発前にヤンキースのサイトでチケットを購入し、準備万端。
地下鉄に乗ってヤンキースタジアムに行こう。
ワールド・トレードセンター跡地近くのFulton st駅から地下鉄4線に乗車。
この駅、人がいなかったら雰囲気がちょっと怖い・・・。







地下を走っていた電車が地上に出て最初の駅が161 st Yankee Stadium駅。
進行方向左側に見える建物がヤンキースタジアムだ!
駅に近いとは聞いていたけど、本当に駅のすぐ隣。







これから行くヤンキースタジアムは今年オープンしたばかりの新しい球場。
去年までの球場も、実は駅のすぐ隣。
新球状から見ると、道路を挟んですぐ南側にある。
ただいま解体作業中。







進行方向後ろ側の階段を降りて改札口へ。
その階段から見える高架下の道路はヤンキースグッズを売る店が並んでいた。







本日の試合は、ニューヨーク・ヤンキースvsボルチモア・オリオールズ。
デーゲームで、午後1時5分試合開始です。







ワンちゃんもユニフォームとパイプで気合入れております。







インターネットで購入した記録はプリントアウトして球場の専用窓口へ。
そこでチケットを発券してもらい、いよいよ入場!
その前に荷物検査の長蛇の列・・・。







おぉ〜、これがアメリカの球場か!
東京ドームや甲子園とは全然雰囲気が違うな。







このおじさん、誰?
この方はオルガン奏者です。
テレビで見ていると、チャンスのときとかにオルガンが流れるでしょ。
そのオルガンを弾くおじさんが、チーム・ストア上の画面に登場しているのです。







チーム・ストアではパーカーを購入。
実はちょっと寒くて、上に着るものが欲しかったから・・・。
そして次は昼食を摂らねば。







自分の席に着き、いただきまーす!
味は悪くないんだが、一人でコレ全部食べたら晩メシいらなくなりましたよ。







まもなく試合開始。
先発オーダーが流れる。
あれっ、松井が出ていないじゃないか。
正捕手のポサーダも出ていない。
あとで知った所では前日の試合が遅れに遅れ、終了が午前1時過ぎ。
それで故障を抱えた選手が今日の試合に出ていないらしい。



で、1回表オリオールズの攻撃。
いきなり先制点を取られる。
大丈夫なのか〜?





その裏、ヤンキースの1番バッターはデレク・ジーター。
名前がコールされると観客全員が立ち上がり、スタンディング・オベーション。







実は前日の試合でヤンキースの安打記録を更新していたのだ。
それで打席前にスタンディング・オベーション。
ちなみにそれまで記録を持っていたのは、1939年に引退したルー・ゲーリック。



この日も第1打席でヒット。
得点にもつながり、試合も盛り上がるかと思っていた。
その後オリオールズは2本のホームランで追加点を上げ、ヤンキース打線は沈黙。
早々と試合の流れが決まってしまう展開に・・・。
もうあとは試合の雰囲気を楽しむだけですよ。





わーい、えむしえぃっ!
5回終了後、グランド・キーパーも音楽に合わせて踊ります。







9回裏、ようやくヤンキースの反撃!
2点を返し、2アウト1・2塁。
バッターはジーター。
おっと、ここでネクストバッターサークルに立ったのは背番号55。
おおっ、次は松井が代打で出るのか!







ジーターの打席は、三振、試合終了!
松井はクルッとベンチに直行・・・。
さ、みんなも帰りましょ。







ここでさすがニューヨーク・ヤンキースだなぁと思ったこと。
それは試合後に球場内で流れる音楽。
フランク・シナトラのNew York New Yorkが流れるのだ。







ニューヨーク、ニュ〜〜ヨォ〜〜ク♪







混雑する地下鉄の駅へ。
これは日本と同じだね!



帰りは地下を通る地下鉄B・D線へ。
乗り継いでマンハッタン最南部のサウス・フェリーに行くのだ。
次はそのサウス・フェリーからスタテンアイランド・フェリーに乗ろう!

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他旅行記


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン





HOME

その他旅行記
アメリカ
WTCに戻る

Copyright(c)nekomask