×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





2004.10  



 

リマ(現在の気象状況)

Click for リマ, ペルー Forecast

















































































































セニョール・デ・ロス・ミラグロスを見よう

 「奇跡の主」の御輿を見る  【ペルー】


☆国会議事堂前でパレードを見よう。

ペルーの世界遺産マチュピチュに行ったときのこと。
乗り継ぎでリマに滞在していたとき、ちょうどお祭りの日だった。
そのお祭りは、セニョール・デ・ロス・ミラグロス。
日本語にすると「奇跡の主」。

1651年(慶安4年・・・徳川家光が亡くなった年)、アンゴラ人の奴隷が教会の
壁にキリストの磔の絵を描いたのがはじまり。
そのキリストの絵の前で祈ったら腫瘍を治ったり、度重なる大地震で教会が崩
壊しても絵だけは無傷で残ったりと、奇跡が続いたことから信仰を集めるように
なったという。
そして毎年10月、その絵を描いた御輿を担いで町をパレードするようになった
のがセニョール・デ・ロス・ミラグロスだ。





マヨール広場で観光をしていたら、近くにお祭りのパレードが通るとの情報が。
これは行かねば。
人の流れに付いていこう。
お祭りのためだったのか。
やけに警備車両が多いと思っていたんだよ。





セニョール・デ・ロス・ミラグロスに参加する人は紫色の服を着るそうだ。
町中にも紫色の飾りつけが。





国会議事堂の前に来た。
国会にもセニョール・デ・ロス・ミラグロス用の飾り付けが。
ここで御輿を待ち受ける。





人の波にもまれて御輿がやってきた!
御輿の周りの煙はお香を焚いているそうだ。





だんだんこっちに近づいてきた。





議員さんたちだろうか。
正装をして玄関前でお待ちかね。





国会前は物凄い人だかり。
屋根の上が一番の特等席か!?





ゆっくりゆっくりと御輿は進んでいく。
まもなく玄関前に到着!





そのあと玄関前でなにか始めたみたいだけど、まったく見えず・・・。
御輿の前で祈りを捧げているのだろうか。
そのうち集まっていた人が帰りだした。
もしかして、いつの間にか終わっていた?





次はクスコに飛んで、マチュピチュへのペルーレイルに乗ろう。


HOME  ペルーレイルに乗る  その他旅行記  ペルー

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他旅行記


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン



Copyright(c)nekomask