×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





2009.2  





台東(現在の気象状況)

Click for 台東市, Taiwan Forecast




















































































































































































































































































































































































































台湾国鉄の旧型客車に乗ろう

 台湾に残る最後の日本製旧型客車  【台湾】


☆旧型客車を使用する列車は残り4往復。

台湾の鉄道と言えば、台湾新幹線や自強号などの優等列車が有名ですね。
しかし、台湾南部には地味だけど味わい深い列車がある。
その列車の1つが普快車という列車種別。
台湾南東部の高雄〜枋寮〜台東〜花連〜和平を結んでいる。

その普快車には、旧型客車を使用している列車がある。それもたったの4往復だけ。
いつ旧型客車が引退になってもおかしくない状態。
廃止になる前に急いで台湾へ行こう!


今回乗車したのは南廻線台東発枋寮行き普快車354次。
約2時間の旧型客車の旅。
それでは台東駅からスタート!





改札口の上には発車案内が表示されている。
それよりその上の気温。
2月だというのに、32℃!





ホームに上がると3両編成の旧型客車が停車中。
両端が日本製の客車だ。
日本で走っていた旧型客車とよく似ている。





真ん中の客車はインド製。
デッキの無いタイプ。
上の客車のドアは手動だけど、こっちは自動。





ディーゼル機関車が近づいてきた。
これから連結!





連結完了!
普段は10両以上の客車を引っ張るのに、この列車はたったの3両。
でっかいディーゼル機関車では効率悪そう。
かと言って、この列車専用の機関車を用意するのも・・・。





車内は回転式のクロスシートが並ぶ。
もちろん、リクライニングなんてしません。
冷房もナシ。
確か、気温32度だったよなぁ・・・。





こちらはインド製客車の車内。





台東駅を定刻に発車!





1つ目の停車駅、康樂。
南廻線はほとんどが単線。
さっそくこの駅でも列車交換をする。





すれ違ったのは回送列車。
車両は日本製のDR2800型ディーゼルカー。
在来線では最も優等である自強号用の車両。





車窓に太平洋が見えてきた。





南廻線はあまり人家のないところを走っていく。
地形の厳しい地域を走るため、開通したのは最近の1991年(平成3年)。
それまでは鉄道で台湾1周ができなかったのだ。





金崙駅を発車。
そしてすぐトンネルへ。
南廻線の全長98.3kmのうち、トンネルは38.9km。





瀧溪で枋寮発台東行き普快車と列車交換。
旧型客車同士の列車がすれ違うのは、台湾全土で1日2回。





河口近くの川を渡る。
奥に見えるのは太平洋。





橋を渡ったらすぐにトンネル。





トンネル通過中の車内。
それにしてもぜんぜん乗っていないなぁ。
この車両に乗客はたった5人だけ。





廃止になった駅を通過。
南廻線はまだ新しいのに、廃止になった駅がいくつもある。
人口が少ない地域を走っているせいだろうか。





太平洋のすぐ横を走って行く。





走っているのはこんなところ。
線路は崖の中腹を走っているのだ。
落石覆いの下を何箇所も通る。





台湾にもこんな鉄道路線があるのです。





大武駅で高雄発台東行き莒光号と列車交換。





古莊〜中央(信号場)は南廻線唯一の複線区間。
ここで中央山脈を越え、東岸から西岸側に抜けていく。





山の中の駅で安全運行を司る駅員さん。





険しい中央山脈の中を走って行く。





台湾海峡が見えた!





山越えを終えると、進路は北へ。
台湾海峡沿いの線路を進んでいく。





夕陽に照らされ旧型客車が行く。





加祿駅で貨物列車と列車交換。
だが普通の貨物列車と雰囲気が違う。
積荷はなんと軍用トラック!
見つかると逮捕されそうなので、こっそり撮影してみました。





終点へ向けラストスパート!





枋寮駅のホームが見えてきた。





終点の枋寮駅に到着。
台東駅からあっという間の2時間だった。
楽しい旅だったけど、普快車から降りた乗客は10人くらい。





このすぐ後を追いかけてきた台東発豊原行き自強号はほぼ満席。
普快車の人気のなさが際立つなぁ。
もっとも、枋寮駅で降りる人は少なく、ほとんど高雄駅まで乗車。
これでは旧型客車と共に普快車も消える運命なのかも。


HOME  海外の鉄道(アジア)  台湾

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルグ
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル
イギリス

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ
オーストラリア

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン





Copyright(c)nekomask