×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


HOME





2005.1  



大きな地図で見る


フェズ(現在の気象状況)
Click for Fes-Sais, モロッコ Forecast


フェズに行こう

 旧市街の迷路を歩く  【モロッコ】


1981年(昭和56年)に世界遺産に指定されたフェズ旧市街。
路地が迷路のように入り組み、適当に歩いていたら迷子になること間違いなし!
カサブランカからモロッコ国鉄の急行列車で約5時間、迷子になるためにフェズ駅に降り立った。







フェズ駅前に並ぶ路線バス。
旧市街へはちょっと距離があるけど、行きは歩きで。







駅からまず向かったのは王宮。
かつてはここに王様(スルタン)が住んでいたが、現在も国王がフェズに滞在するときに使われるそうだ。
王宮の中は残念ながら非公開。







城壁の横にある大きな広場。
この奥がバブ・ブージュルード。
広々とした光景もここまで。







旧市街の入口、バブ・ブージュルード(ブージュルード門)。
1913年(大正2年)に建造されたそうだ。







メディナと呼ばれる旧市街の狭くて薄暗い路地を歩いていく。







でもこの細い路地がメイン・ストリート。







小さな広場でパンを売る人。
狭い路地をリヤカーでここまで来るのは大変だろうに。







タンネリと呼ばれる革なめし職人の町へ。
↓↓の写真は土産物屋の屋上から。
路地を歩いていたら、店の人が案内してくれたのだ。
お礼に小さな小銭入れでも買っていくか。







本やテレビで何度も見た光景が目の前に。
丸い染色層に職人さんが入り、革を踏みつけている。







こちらには形の違う染色槽が。







そして屋上には染色された革が干してある。







帰り道、自称ガイドの子供に付きまとわれ、無視して歩いていたら見事に迷子・・・。
へとへとになりながらバブ・ブージュルードになんとか帰還。
近くのカフェでミントティーを飲んで休憩をする。
ふと目に付いたのが荷車を牽くロバ。
どこにも繋がれていないし、主人もいないけど動かない。
賢いなぁと思っていたら、首を曲げるように縛っておくだけでロバは動けないらしい。




このカフェで日本語のメニューを書かされたけど、今でも残っているだろうか?

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他旅行記

BLOG


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル
イギリス

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ
オーストラリア

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン





HOME

世界遺産
モロッコ

Copyright(c)nekomasк