×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





2008.5  



 

モンペリエ(現在の気象状況)

Click for モンペリエ, フランス Forecast




















































































































ヨーロッパ弾丸ツアーに行こう

■その11 モンペリエの路面電車  【フランス】


☆乗継の合間に駅前を走る路面電車を撮影。

1994年(平成5年)、フランス東部の都市ストラスブールに新しい路面電車が
開通(正確には復活)した。
都心部の道路は歩行者専用(トランジットモール)にして、そこに線路を通した。
床面の高さが低くて乗り降りがしやすく、斬新なデザインの電車が走り始めた。
この成功は都市中心部の再生策として注目され、以後、フランス各地に路面
電車(トラム)が開通していく。
モンペリエもそんな都市の1つ。
2000年(平成11年)に新規開業した。
現在は2路線が運行されている。


モンペリエの路面電車(TAM)のターミナルは国鉄Saint-Roch駅前。
駅前を左右に走る黄色い電車がLine2。
手前から左折する線路はLine1。
右折する線路は現在未開通のLine3。





駅を背に、左側にあるLine2のGare Saint-Roch停留所。
こちらは2006年(平成17年)に開通したばかり。





駅前というより、駅舎の目の前を電車が通過していく。





Line1とLine2の共用の線路走る電車。
黄色の電車はLine2なので、この分岐点はそのまま直進。





青い電車はline1。
最初に開通したのはこの路線。





Line1のGare Saint-Roch停留所。
こちらの方が乗客が多く、賑わっている。





Gare Saint-Roch停留所から国鉄Saint-Roch駅を望む。





モンペリエ中心街からの坂道を下ってきた電車。
自動車も走っていいようだけど、ほとんど通らない。
ほぼ、電車と歩行者専用。





坂の上から国鉄Saint-Roch駅を望む。





坂の上に位置するコメディー広場。





コメディー広場の真ん中を路面電車が突っ切っていく。
左側はComedie停留所。
この先がモンペリエの中心部になるそうだ。





時間が無いのでここまで。
実際に乗車できなかったのが残念。
さあ、そろそろニース行きの列車の時間だ。
早く駅に戻ろう。

HOME  Catalan Talgo号に戻る  ニースに行く   海外の鉄道  フランス

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン



Copyright(c)nekomask