×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





2008.5  



 

ミラノ(現在の気象状況)

Click for ミラノ, イタリア Forecast


























































































































































































































































































































































































ヨーロッパ弾丸ツアーに行こう

■その18 ミラノの路面電車  【イタリア】


☆なんでこんなに路面電車の情報が少ないのだ?

ミラノ市内に18もの系統がある路面電車。
レトロな路面電車から最新式の低床トラムまで、たくさんの電車が走っている。
だけど、ミラノの町中に路線が張り巡らされているのに、その情報が少ない。
最多のシリーズを誇る某ガイドブックでさえ、

「路線がわかればトラムは便利な交通機関」

こんな解説だけで、路線の案内は全然なし。
更に公式ホームページにも路線図は発見できず。
見つけたのは系統番号と停留所名だけ。
これじゃ旅行者が気軽に乗れないじゃん (;゚Д゚)
この状況をちょっぴり打破すべく、旅行記をお届けします。


ここはヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア。
ドゥオーモ広場からスカラ広場をつなぐ、十字形のアーケード。
今はそのアーケードの中心に立っております。





スカラ広場側の入口へ抜けてきた。
このアーケードは3階分の高さになるという。
エントランスも荘厳な雰囲気。





そのスカラ広場の反対側にあるのがスカラ座。
初代が焼失したあと、1778年(安永7年)に完成した。
世界でも有数の歌劇場で、その名は日本の映画館で使われるほど。





そのスカラ座の前に路面電車が走っている。
レトロな電車が古い建物と石畳の道路によくマッチしている。
うれしいことにこの古い電車はイベント用なんかではなく、現役バリバリ。
ここを走るのは1系統と2系統。





1系統の電車に乗ろう。
乗るのはアーケードを背にして左方向へ行く電車。
キップはあらかじめ用意しておくこと。
地下鉄の駅やキオスク、タバコ屋で売っています。
地下鉄・バス共通で75分券が1ユーロ。
24時間券だと3ユーロ。





コルドゥーシオ広場で2系統と別れ、到着したのはノルド駅。
電車を降りると目の前が駅舎。
ここはマルペンサ・エクスプレスの発着駅。
ミラノの空の玄関口、マルペンサ国際空港からの列車の発着駅だ。





この駅はノルド鉄道のターミナル。
コモ湖へ向かう列車もここから出ている。
マルペンサ・エクスプレスは2階建ての新しい電車を使用。
だけど一般の電車は写真のような古い電車ばかり。





次に乗るのは27系統。
3両つないだ連接車。
ヘッドライトが1つだけど、なぜか真ん中に付いてない。
駅を背にして左方向へ行く電車に乗る。
来た道を戻る形。





車内は↓こんな感じ。
片方の方向にしか進まないので座席は全部前向き。
終点ではループ線をぐるっと回って方向転換する。
左にあるオレンジ色の箱は刻印器。
未使用キップはここに入れて使用開始時刻を刻印しよう。





電車の後ろには運転席が付いてない。
だからここはちょうどよい展望スペース。





カイローリで下車。
ここはロータリーを囲むように線路が敷かれている。
後ろの建物はスフォルツァ城。
ミラノ公爵だったスフォルツァ家の居城。
写っている電車は1系統。





7系統の新型電車が来た。
それにしても路面電車とは思えぬ長さ。
1両の長さは短いけど7両編成。





カイローリから再び同じ方向の27系統に乗車。
コルドゥーシオ広場までは1系統と同じ線路を走る。
降りたのはドゥオーモ広場の入口。
ついさっき、ドゥオーモの屋根から見たこの場所。
ここからも遠くにスフォルツァ城が見える。





ドゥオーモをバックに走る路面電車(14系統)。





ドゥオーモ広場の前には多くの系統が集まっている。
だから電車もひっきりなしに通る。
もちろん人も多い場所。





賑やかなドゥオーモ広場前。
だけど少し離れた場所にひっそりと折返し用のループ線が。
単線の線路がぐるっと路地を1ブロック1周している。
ここを走るのは19系統。





本線と合流する方向を見る。
右がドゥオーモ広場。
この19系統は左折してコルドゥーシオ広場へ行く。





19系統の電車の内装。
最初に乗った1系統の電車もこれと同じ。
床、壁、座席まで全部木製。
チューリップ型の照明の光が座席に塗られたニスに反射していい雰囲気。





コルドゥーシオ広場。
ここは4方向から線路が集まってくる。
それってただの十字路?
いえいえ、「工」の字の形になっているのです。
写真の電車は、ちょうど「工」の縦棒の部分を走っている。
手前の電車は27系統、奥の電車は2系統。





コルドゥーシオ広場。
スカラ座方面へ向かう線路を見る。
奥に見えるドーム型の建物はヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア。
最初にドゥーモからスカラ座に抜けてきたときのアーケードだ。
線路はアーケードの手前で左折し、スカラ座へと向かっている。
写っている電車は2系統。





今度はスカラ座方面の2系統に乗る。
後ろがコルドゥーシオ広場。





電車の一番後ろに立って街並みを眺める。
後ろから1系統の電車が追いかけてきた。





スカラ座の前を通り過ぎ、しばらく行くと石造りの門をくぐる。
ここで途中下車。





地図で言うとカヴール広場の辺り。
緑のある奥の方がプッブリチ公園。





本当にヨーロッパらしい風景。
ここを通るのは1系統と2系統。
古い電車が多いから絵になる写真が撮れるかも。





再び同じ方向に来た1系統に乗りませう。





1系統の電車は共和国広場の前で右折。
その後は、その・・・、大きな目標物が無いので抽象的な説明で。
緑の多い専用軌道を走った後、左折。
しばらく走って線路が十字に交差している交差点で下車。
わかりづらいか・・・。

こちらへ右折してくる電車は5系統。
ミラノ中央駅から来た電車だ。
1系統はこの交差点を直進、ミラノ中央駅には行かない。





5系統に乗ってミラノ中央駅へ。
・・・というつもりだったけど、電車が来ない。
時刻は21:00を過ぎている。
電車の本数も少なくなって当然。
仕方ないので歩いていこう。
どうせ停留所1つだけなんだし。
写真の電車は33系統。
手前がさっきの交差点、奥がミラノ中央駅。





ミラノ中央駅に戻ってきた。
駅の中のスーパーで食料を買ってからホテルに帰ろう。





明日はまた国際列車に乗ってスイスに向かうぞ。


HOME  ドゥオーモに戻る  チューリッヒに行く   海外の鉄道  イタリア

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン



Copyright(c)nekomask