×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





2008.5  



 

ハンブルク(現在の気象状況)

Click for ハンブルク国際空港, ドイツ Forecast



































































































































































































































































































































ヨーロッパ弾丸ツアーに行こう

■その39 渡り鳥コースを行く@  【ドイツ】


☆いくつもの島を列車で渡ってデンマークへ。

渡り鳥コース「bird flight line」は、ドイツ北部の都市ハンブルクとデンマークの
首都コペンハーゲンを結ぶ交通の幹線。
中央ヨーロッパからスカンジナビア半島、北極へと渡る鳥がこのコースを飛ぶ
ことが多いことから、「渡り鳥コース」との名が付けられいる。
ロマンチックな名前もさることながら、この路線がまた魅力的。
ユーラシア大陸からいくつもの島を渡ってコペンハーゲンを目指すのである。
地図で見ると、ハンブルクから北西へ真っすぐ、最短距離でコペンハーゲンへ
と進むのが今回のルートだ。



大きな地図で見る


渡り鳥コースの始発駅、ハンブルク中央駅。
天気はバッチリ。
風景のいい路線に乗るんだし、このままだといいな。





時間もあまりないし、ホームに行こう。
いろいろ駅の中を探検したかったのに(:´д`)





ハンブルク中央駅で一番の特徴はこの巨大なドーム。
たくさんの列車が見渡せ、まるで観光スポット。





親子で列車見学。
立派な鉄ちゃんになるんだよ。





それじゃホームに降りよう。
これから乗る列車はドイツが誇る高速列車ICE(Inter City Express)。
実はこの目で見るまで本当にICEが来るか半信半疑だったのです。
時刻表にも『ICE』と出ていたけど、信じられず。
渡り鳥コースに高速列車のICE?
それほど渡り鳥コースの路線はとっても特殊。





ここではホームを前方・後方でaとbに分けて使っている。
7a番線にはオーフス行き、7b番線にはコペンハーゲン行き。
2本の列車が前後に並んで停車する。
・・・はずだったんだけど、連結?
ハンブルク中央駅が始発なのに。
途中駅で分割じゃなくて、ここから別々の線路を走るのに。
車庫からは1本の回送列車として運転して、駅で分割なのだろう。





一番前まで歩いていて、ふと気付いた。
パンタグラフが無いし、排気ガスが出ている・・・。
電車じゃなくてディーゼルカーなのか!

ドイツ版新幹線と呼ばれるICEには色々なタイプの車両がある。
客車の前後に電気機関車を連結したフランスTGVと同じタイプか、各車両に
モーターが付く一般的な電車のタイプ(日本もコレ)がほとんど。
電化されていない地方路線乗入れ用に振り子式ディーゼルカーのICEを開発
したと知っていたけど、まさか渡り鳥コースの列車に使われているとは!





1等車の車内。
どっしりとした雰囲気なのはさすがドイツ。
壁で仕切られているスペースは簡易個室。





8:28、定刻でハンブルク中央駅を発車。





さっそく車掌さんが検札に。
その時もらったのが右のチケット。
国際利用の乗客には軽食が無料サービス!
左は各座席に置いてある冊子。
内容はこの列車と接続列車の時刻表や編成案内。
以前はEC(ユーロシティ)に乗ったら必ず各座席に冊子が置いてあったのに。
今回の旅行ではこの列車だけ。
寂しくなったもんだ。





15分も走ればすっかり田舎の風情。
線路は複線だけど、ただいま電化工事中。
国際列車が走るルートだし、電化されているものだとばっかり思っていた。
まさか非電化のローカル線だったとは。





Lubeck Hauptbahnhof駅に停車。
ここリューベックから先の線路は単線。
いよいよ地方ローカル線の雰囲気に。
初めてのICE乗車がローカル線になるとはなぁ。
300km/hでびゅんびゅん走るイメージだったのに。





軽食を受け取りにBoad Bistro(ボード・ビストロ)へ行こう。
写真は途中のデッキにあるガラス張りの車掌室。





ここがボード・ビストロ。
小さなカウンターだけど、こういう設備が列車にあるのはありがたい。
ちょっと息抜きに車内を歩いて行くのはいい気分転換になるし。





軽食は自分の座席で食べることもできる。
メニューはコーヒーにクロワッサン、バターとジャム。
コーヒーがちゃんとマグカップで出てきたのは驚き。
しかもDB(ドイツ鉄道)のロゴマーク入り。
ほ、欲しい・・・。





Oldenburg駅に停車。
本当にローカル線の駅。
ホームに屋根すら無い。
のどかでいいんだけどね。
乗っているICE車両とのギャップを楽しんでマス。





ん〜、のどかだ。
天気もいいし (^-^)
カゼが強いのが気になるけど。





海が見えてきた。
ここからいくつもの島を渡る「渡り鳥コース」のハイライトが始まる。





ユーラシア大陸とはここでお別れ。
鉄橋を渡り、フェーマルン島へ。





Puttgarden(プットガルテン)駅に入っていく。
広い構内には錆びたレールが何本も。
かつてたくさんの貨物列車が運転されていた名残り。





プットガルテン駅に到着。
隣はドイツ国内のローカル列車。
この駅では少し停車時間がある。
ホームに出て気分転換 ( ´∀`)





ここはドイツ最後の駅。
この先はフェーマルン海峡を挟んでデンマーク。





プットガルテン駅を発車。
運転席越しに前方を見る。
実は運転席の後ろはガラス張りで、展望バッチリ。
ここは6名分の座席がある部屋になっている。
インド人家族がこの座席に座っていたけど、ちょっとお邪魔させてもらった。
で、線路の先はトラックが並ぶ道路。
ICEはどこに行く?





ICEは船の中へ。
トラックの横をゆっくりゆっくり進んでいく。

??(゚Д゚≡゚Д゚)??

目の前で起こっていることが信じられん。
新幹線の車両が船の中を走っているんだよ?
例えば上越新幹線が新潟に着いたら、そのままフェリーに吸い込まれて
佐渡島に行っちゃうようなもの。





ICEは車両甲板の一番奥、壁ギリギリのところで停車。





デッキの窓ガラスから隣を見ればトラック。
むぅ、やっぱり信じられん。
夢を見ているような・・・。





次はフェリーでデンマーク上陸だ!


HOME  シティナイトラインに戻る  渡り鳥コースAへ   海外の鉄道  ドイツ

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン



Copyright(c)nekomask