×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





2009.6  





ジャカルタ(現在の気象状況)

Click for Jakarta Observatory, インドネシア Forecast

















































































































































































































































































































TAKSAKA号に乗ろう

 ジャワ島の長距離列車に乗車  【インドネシア】


☆ジョグジャカルタ発ジャカルタ行きの昼行列車に乗車。

TAKSAKA号はジャカルタ〜ジョグジャカルタ間の長距離列車。
昼行1往復、夜行1往復の合わせて2往復が運転されている。
全車がエグゼクティブクラスの優等列車だ。
ジョグジャカルタに着いた日、まずはトゥグ駅の隣にある予約窓口に向かった。





番号札を取って順番を待つ。
10分ほどで窓口へ。
ここでよくわからなかったのが料金。
ネットで調べると22万ルピアだったり21万ルピアだったり。
掲示してあった料金表には26万ルピアなんていう数字も。
で、実際に窓口で言われた金額は20万ルピア。
よくわからないままだけど、切符は無事取れた。





ボロブドゥール観光も終了。
今日はジャカルタに移動する日。
トゥグ駅はこのアーチから続く駐車場の奥にある。





TAKSAKA号の始発トゥグ駅。
この駅舎は線路と線路の間に建っている。
先日行った予約窓口は線路の南側。





ホームの脇にあるベンチで列車の入線を待つ。





ジャカルタ行きTAKSAKA号がトゥグ駅に入線。
ディーゼル機関車が牽引する客車列車だ。





客車は全車両エグゼクティブクラス。
インドネシア国鉄では最高ランクのクラス。





客車の前に立つ客室乗務員さん。





リクライニングシートの並ぶ車内。
通路の右側にはビデオモニターが付いている。





トゥグ駅を発車。
ジョグジャカルタの町を後にする。





発車するとすぐにお茶のサービスが。





そして今度は女性乗務員さんが食事メニューを持って注文を取りに来た。
せっかくだからナシゴレンとコーヒーを注文。
これで22000ルピア。
しばらくして席に届けられたけど、テーブルは窓の横の小さいのだけ。
お皿はひざの上で・・・。
ちなみに食堂車はあるけど、乗務員さんの休憩所と化している。





ナシゴレンが食べ終わったころ、乗務員さんがカートを押してきた。
そしてトレイにごはんをよそい、

「ランチ」

無料サービスとのこと。
いや、そんなに大食いじゃないから・・・。
なんでランチの直前に食事の注文を取りにくるのさ・・・。





おかずとごはんを半分ほど食べてランチ終了。
TAKSAKA号はその間も西へと進む。





食べたら次はトイレ。
便座、ありません。
しゃがんで用を足すときはどうすんの?





Purwokerto駅で反対方向の列車とすれ違う。





列車が遅れているようだ。
しばらく停車していると、反対方向の列車がもう1本来た。





隣の列車のドアに群がっているのは物売りの皆さん。
食べ物や雑貨などを売っている。
ただし車内に入ってはいけないようだ。
ドアから車内へ大声で呼び込み中。





TAKSAKA号は山間部を走っていく。
ジャワ島の南側から北側へと向かっているのだ。





Cirebon駅に停車。
ここからジャカルタ市内までの3時間弱ノンストップ。





Cirebon駅からは複線区間に。
田んぼの向こうにモスクが見える。





まもなく太陽が沈もうとしている。





Bekasi駅を通過。
ここからは電化区間。
ジャカルタ近郊を走る電車とすれ違う。





ジャカルタの近郊を走る。
ここでは日本の中古電車とすれ違うことも。





約1時間遅れてジャカルタのガンビル駅に到着。





階段を降りて改札口へ。





この駅でバトル発生。
ガンビル駅前にいるタクシーがことごとくメーター使用を拒否するのだ。
「●●ホテルまでいくら?」と聞くと、15万ルピアとか言いやがる。
空港まで行ってもそんなにしないぞ!
他のタクシーにも当たり、なんとか5万ルピアまで下がった。
(それでも倍近い値段)
ホテルに着けば「チップくれ」
だれがチップなんかやるか!


HOME  ボロブドゥールに戻る  タンジュンプリオク線に乗車
アジアの鉄道  インドネシア

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他旅行記


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル
イギリス

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ
オーストラリア

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン



Copyright(c)nekomask