×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






2009.9  



大きな地図で見る


ワシントン(現在の気象状況)
Click for ワシントンD.C., District of Columbia Forecast


ワシントンDCに行こう

■その1 NY→DC→国会議事堂  【アメリカ】


今日はニューヨークからワシントンDCへ日帰りの旅。
往復はもちろんアムトラックAmtrakで。
始発駅はマンハッタンにあるペンシルバニア・ステーション。
1910年(明治43年)にペンシルバニア鉄道の駅として開業した。
現在は地上部分がマディソン・スクエア・ガーデン(プロレスの聖地!)、地下に切符売場や改札口、ホームがある。







地下1階にある切符売場へ。
奥の窓口には人だかりができているけど、手前の自動券売機は人気なし。
私の場合、公式サイトで予約→クレジットカードで決済済み。
プリントアウトした予約記録にはバーコードがあり、それをこの券売機のセンサーに当てれば自動的に乗車券が発券!







みんなでコンコースの真ん中にある発車案内を注視。
発車時刻が近くならないと番線が表示されないのだ。







私の乗るワシントンDC行きは8番ホームから。
ホームに降りるエスカレーターの手前で改札。







往路はNortheast Regional号で。
先頭は電気機関車の重連。
アムトラックってゴツイ機関車のイメージなのに、電気機関車はおとなしめの感じ。







定刻にペンシルバニア駅を発車。
少しだけ掘割区間の明るいところがあるけど、すぐ長いトンネルに入る。
ハドソン川をトンネルでくぐり抜け、ニュージャージー州へ。







ニューヨークから約4時間でワシントンDCへ。
ユニオン駅からワシントン観光スタート!
なお、ニューヨーク行きの発車時間は約6時間後・・・。







ユニオン駅から南東方向を見ると、丸いドームがある白い建物が見える。
あれは国会議事堂。
まずはあそこから行ってみよう。







国会議事堂の前まで来たけど、日本みたいに警察車両が並んでいない。
こういうところは日本も見習ってほしいものだ。







まずは国会議事堂の裏側から。
この建物は上院側が1800年(寛政12年)、下院側が1811年(文化8年)に完成。







セグウェイ軍団登場!
ワシントンDCでは「セグウェイ・ツアー」なるものがあるらしい。







国会議事堂の横を歩いていく。
雰囲気は地元の人のお散歩コース。
しばらく前に日本のことをイジメまくった国会とは思えないのどかさ。







横から国会議事堂を見る。
この地下には南北にある議会のオフィスビルを結ぶ議会専用の地下鉄が走っている。







こちらが国会議事堂の正面。







国会議事堂から西へ伸びるナショナル・モールを見る。
奥に見える尖塔はワシントン記念塔。
それより広場の真ん中に人が集まっているなぁ。
逆に私のいるところには人があまりいない・・・。







人が集まっていたところに行ってみた。
こっちの方が国会議事堂の写真をキレイに撮れる場所だったようだ。




次はスミソニアン航空宇宙博物館へ!

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他旅行記

BROG


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン





HOME

海外の鉄道
その他旅行記
アメリカ
交通博物館に戻る

Copyright(c)nekomask