×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






2009.9  



大きな地図で見る


ワシントン(現在の気象状況)
Click for ワシントンD.C., District of Columbia Forecast


ワシントンDCに行こう

■その2 スミソニアン航空宇宙博物館  【アメリカ】


ワシントンDCに行ったらぜひ見学したかったのがスミソニアン博物館
スミソニアン学術教会が運営し、ワシントンDCを中心に数ある博物館の入場は無料!
ナショナル・モールにいくつも主な博物館があるけど、全部見学できるはずもなく・・・。
今回は2つだけ見学することに。
まずは航空宇宙博物館へ!







まずはインフォメーションセンターでガイドブックをもらってと。
このガイドブック、他の博物館も網羅する総合版。







月に行ってきました。







アポロ11号の司令船。
触れないように司令船と同じ形のケースで覆われている。
これに乗って地球に帰ってくるのだけれど、中は物凄い狭さ。







MOON ROCK→月の石!
この中に三角形に切り取られた月の石があり、自由に触れます。







アメリカのアポロと旧ソ連のソユーズが合体!
実際にこのような実験が行われたそうだ。
左の大きいのがアメリカ、右の小さいのが旧ソ連。







こんな所に日本人初の宇宙飛行士の写真が。
どこかで見たことあるアングルだなぁ・・・。
あっ、ココだ!
乗ったのは旧ソ連のソユーズだけど、いいのかな?







アポロの月着陸船。
上下2段構造で、アポロに帰ってくるのは上の段だけ。







こちらは初期のロケットたち。
トマホーク・ミサイルが横切っているけど、構造がほぼ同じだから同じ場所に展示?







宇宙でコーラを飲む道具。
アメリカ人って、ここまでしてでもコーラを飲みたいのか。







実検のために無理矢理お猿さんも宇宙に連れて行かれました。







「空からのアメリカ」コーナーには数々の旅客機が。
一番上の飛行機はダグラスDC3。
1935年(昭和10年)に初飛行、10000機以上が生産された。
日本でもライセンス生産で昭和飛行機と中島飛行機が486機製造したそうだ。
ただし多くは軍用機として生まれ、第2次大戦後に一部が旅客機へ転用されている。
いまなお現役で空を飛ぶ機体もあるらしい。







ノースウエスト航空(旧塗装)のボーイング747の前頭部。
設置されている場所は実物と同じ高さ。
デルタ航空に合併してしまい、ノースウエスト航空も過去のものになろうと・・・。







修理も見えるところでやっています。







おっ、この深緑に赤い丸が描かれた機体は・・・、







日本の零戦だ!







こんな絵も展示されています。
アメリカにとって、よっぽど忘れられない体験だったのだろう。




ワシントン・ダレス空港に隣接した別館には、たくさんの日本の戦闘機があるらしい。
アメリカは日本が怖いのかな〜と思いながら、次の自然史博物館へ。

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他旅行記

BROG


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン





HOME

その他旅行記
アメリカ
国会議事堂に戻る

Copyright(c)nekomask