×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


HOME





2009.11  



大きな地図で見る


バンコク(現在の気象状況)
Click for バンコク, タイ王国 Forecast


タイのローカル線に乗ろう

■その1 ナムトク線に乗車@  【タイ】


戦時中に建設され、タイとビルマ(ミャンマー)を結んでいた泰緬鉄道。
インド洋に制海権がなかった旧日本軍が、ビルマに物資を運ぶために建設した。
元々はイギリスが建設を断念していた路線だった。
建設には6万人以上の連合国捕虜と数十万人の地元労働者が従事していたが、突貫工事による劣悪な労働環境で、マラリアやコレラにかかり多数の死者が出ている。
また、クウェー川鉄橋の建設を舞台にした映画「戦場にかける橋」が撮られた。
(あくまでも映画なので史実ではなく、違う場所で撮影されている)
1943年(昭和18年)10月に全通した泰緬鉄道はそのほとんどが廃線になり、現在はタイ側に一部がタイ国鉄ナムトク線として残るのみ。
今回はバンコクから日帰りでナムトク線を往復する旅。
まずはナムトク行きの列車が出るトンブリー駅に向かった。


ここはスカイトレインのシーロム線サバーン・タクシン駅。
電車の正面に貼られた大きなシールは、開通10周年の記念マーク。








サバーン・タクシン駅に隣接したチャオプラヤー・エクスプレスボート乗り場。
ここから船に乗ってナムトク行きの列車が出るトンブリー駅を目指す。







サバーン・タクシンから30分弱でロット・ファイに到着。
ロット・ファイとは、タイ語で汽車のこと。
かつては桟橋の目の前がトンブリー駅だったけど、再開発で駅は移転。







桟橋の前からソンテウ(ピックアップトラックを改造したバス)で5分。
トンブリー駅は小さな駅。
現在はこんな姿だけど、かつてはタイ南部へ向かう列車のターミナル駅だった。







まずは乗車券を購入。
終点ナムトク駅まで片道39バーツのところ、特別価格100バーツ!
これはナムトク線を維持するための特別運賃とのこと。
5時間近く乗って300円以下なのだから、特別運賃でもかなり安い。







ただいま隣のホームでは客車の清掃中。







ナムトク行きの列車が入線した。
観光客が次々と乗り込む。







ナムトク行きの車内。
冷房は無く、天井で扇風機が回るだけ。
編成は先頭からディーゼル機関車1両、3等客車4両、荷物車1両。







所定は7:45発だけど、30分ほど遅れてトンブリー駅を発車。
南本線と合流するタリンチャン・ジャンクション駅までは単線。







タリンチャン・ジャンクション駅から南本線の複線区間に入り、順調にとばす。
タイ南部から来たフアランポーン行き夜行列車とすれ違う。







ナコーンパトム駅からは単線区間へ。
そしてノーンブラドゥック・ジャンクション駅で南本線と分岐、ナムトク線に進んでいく。







ナムトク線に入って最初の駅では牛さんがお出迎え。







すっかり田舎になったナムトク線。
線路が貧弱なので列車のスピードは遅くなり、乗り心地も悪い。







そして困るのが線路脇に生えた背の高い雑草。
客車に容赦なく当たり、葉っぱの切れ端が容赦なく車内に入ってくる。







カンチャナブリー駅に到着。
遅れは増大し、1時間近くの遅れに。




カンチャナブリ駅では客車を前に5両増結。
そしてナクトク線最大のハイライトへと続く。

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他旅行記

BLOG


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル
イギリス

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ
オーストラリア

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン





HOME

アジアの鉄道
タイ

Copyright(c)nekomask