×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


HOME





2009.11  



大きな地図で見る


カンチャナブリ(現在の気象状況)
Click for Kanchanaburi, タイ王国 Forecast


タイのローカル線に乗ろう

■その2 ナムトク線に乗車A  【タイ】


カンチャナブリ駅では5両の客車が隣の線路に停車中だった。
外国人ばかりの乗客も乗っている。
すると今まで牽引してきたディーゼル機関車が客車の入換えを始めた。







トンブリー始発の客車の前に隣の客車を連結し、全部で10両に。
この先、観光客が大勢乗ってくるので増結したのだ。
出発準備が整ったら駅員さんが緑の手旗を振って出発!







すっかり長くなった編成でナムトク駅へと向かう。







TOILET駅。
じゃなくて、クウェー川鉄橋駅に到着。
ここからさらに欧米人の観光客が乗ってくる。







駅を出発するとすぐに鉄橋へ。
鉄橋手前の両側には砲弾。
ここがクウェー川鉄橋
最初は仮設の木橋で、鉄橋が完成したのは1943年(昭和18年)5月。
何度も爆撃を受けたが、木橋の方も使って列車の運行を続けたそうだ。
ちなみに元の川の名前はメークローン川。
映画「戦場にかける橋」でクウェー川が有名になったので、川の名前を変えたそうだ。







川面にはコテージが浮かぶ。
あそこから眺める列車もよさそうだけど、途中下車したら日帰りで全線乗車は不可能。
ここを走る列車は3往復だけ・・・。







続いて列車は切り通しへ。







ゴツゴツした岩盤の間を通る。
巨大な1枚岩を掘削して作ったここ(多分)がヘルファイヤー・パス
かなり深く掘り下げているけど、ここをトンネルにしなかったのは高い湿気でコンクリートが硬化してしまうためにできなかったそうだ。







またしばらくのどかな風景の中を進む。







タキレン駅からさらに観光客が大量に乗車。
ここまで観光バスで来て、ナムトク線最大のハイライトだけに乗車するようだ。







ナムトク線最大のハイライト、アルヒル桟道橋
クウェー川に沿って木造の橋が架けられ、列車がゆっくりゆっくり通る。







アルヒル桟道橋の架かる場所は断崖絶壁。
川の反対側の車窓には岩肌がギリギリにせまる。







アルヒル桟道橋を過ぎると、すぐにタムクラセー駅に到着。
ここでほとんどの観光客が下車。
駅前で待っている観光バスへと向かっていった。






雨が降ってきた。
列車はナムトク駅へラストスパート。







終点ナムトク駅に約1時間遅れで到着。
すでに折り返しの時間は過ぎている。
機関車の付け替え作業がすぐに始まった。







いつトンブリー行きの列車がでるかわからない。
とりあえずナムトク駅の駅舎の写真だけ撮り、すぐに車内へ逆戻り。







帰りは最後部のデッキからアルヒル桟道橋を。
本当に崖にへばりついて線路が通っている。




最後に、ナムトク駅へ戻ったときには2時間以上の遅れでした・・・。
明日はマハーチャイ線とメークローン線に乗ろう。

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他旅行記

BLOG


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル
イギリス

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ
オーストラリア

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン






HOME

アジアの鉄道
タイ
ナムトク線前半に戻る

Copyright(c)nekomask