×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


HOME





2008.11  



大きな地図で見る


ウボンラチャタニ(現在の気象状況)
Click for Ubon Ratchathani, タイ王国 Forecast


ウボンラチャタニに行こう

■その3 ウボンラチャタニお寺巡り@  【タイ】


バンコクから夜行列車でやってきたウボンラチャタニ駅。
駅から市街地までは数km離れている。
タクシーに乗って町の中心部まで移動。
さて、町の中に点在するお寺を巡ってみよう。
少しは徳を積まないとね☆


ウボンラチャタニ駅からタクシーで約10分、ウボン国立博物館の前で降ろしてもらった。
だけど朝早すぎて開館前。







とりあえずウボンラチャタニの町を歩き出す。
まずは町の南を流れるムーン川へ。
川に架かる橋は、セーリープラチャティパタイ橋。
舌かんでませんか?







ムーン川沿いを歩いていたら、市場を発見。







中を歩いてみる。
イサーン名物のアレが無いかと、ちょっとドキドキ。
苦手なんだよねぇー。

アレとは虫の山のことで、ここイサーンでは色々な虫を食べるそうだ。
ここでは売っているのを見つけられず。
徹底的に探せば有ったかも。







お散歩継続中。
まだ朝9時、開いている店はほとんどない。







さっきの市場から1ブロック隣のお寺。
名前はわかりません・・・。
ガイドブックの地図にも、お寺のマークがあるだけ。







境内を歩いていたら、お坊さんに声を掛けられた。

「こっちに来なさい。ブッダの写真を撮れるぞ」

ありがたく本堂に入れていただく。
正座して合掌。
そして撮影。







ここのお寺で一番目立っていたのが鐘楼。
3階建てで、それぞれの階に違う形の鐘がぶら下がっている。







こんな仏像も境内に点在。
お坊さん、ありがとう!







次のお寺は中国寺院。
名前は本頭宮?







派手派手で中国っぽい。
だけど誰もいなくて、なんか寂しいんだなぁ。







中心部からはずれてくると、木造の家が並ぶのどかな町並みに。







古そうな車だなぁ。







次のお寺は、ワット・タイファチャウヤイオントゥー。
(この読み方で合っているのかな?)







入った瞬間、ド派手な光景が。

ん?
ちょっと待て。
右下に気になる看板が。







な、なんだ、このドクロマークは!?
ちょっぴり期待が膨らむ〜♪







牛とライオンの上に観音様が乗ってますが。
牛の目から血が流れてますねぇ。
これがドクロマークの意味?

いや、もっとよく見ろ!
右側のライオン!







うわぁ〜・・・。
食べられちゃってるよ。
ライオンに食べられちゃってるよ。
お寺の中で人が食べられちゃってるよ。







お祈り、お祈り(−人−)







こっちは目つきの悪そうな方がお団子を食べてらっしゃる。







ブタさん、ピーンチ!!







このお寺、なぜか動物たちの像が多い。







ん?
この子たちは?







お顔が隠れちゃってますが。







まじめに本堂の方も参拝しないと。







お祈り、お祈り(−人−)




お寺巡りは続きます

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他旅行記

BLOG


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル
イギリス

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ
オーストラリア

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン








HOME

珍スポット
タイ
夜行急行に戻る

Copyright(c)nekomask