×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


HOME





2009.12  



大きな地図で見る


バルセロナ(現在の気象状況)
Click for バルセロナ, スペイン Forecast


バルセロナに行こう

■その3 GELIDAの木造ケーブルカーに乗車  【スペイン】


バルセロナ近郊の町GELIDA
名前だけ見るとお腹がギュルギュル、冷や汗かいて苦しそう。
だけど実際の読み方は「ジェリダ」と言うらしい。
そのジェリダには麓の駅と坂の上にある町を結ぶケーブルカーがある。
しかもそのケーブルカーが物凄く渋いらしい。
サッカー観戦をした翌朝、バルセロナ・サンツ駅からスペイン国鉄RENFEのセルカニアス4号線に乗車し、ジェリダ駅へと向かった。







バルセロナ・サンツ駅から30分ほどでジェリダ駅に到着。







ジェリダ駅はピンク色の小さな駅舎。
中には小さなカフェがあり、そのカフェのレジで列車の乗車券が売られていた。







ジェリダ駅を出て右に行くと小さな駅があった。
ここがジェリダのケーブルカーFunicular de GelidaのGelida Estacio inferior駅。
1924年(大正13年)に開業し、現在はカタルーニャ公営鉄道の経営。







そしてこれがジェリダのケーブルカーの車両。
木造の車両だ!
リニューアルされているけど、開業以来の車両だろうか?







乗車券を運転士さんから購入して乗車。
こんな小さなケーブルカーでも、しっかりと車椅子スペースがあるのには驚いた。







こちらは運転台とその後ろに続く客室。
運転台のイスはかなり小さく、そして前に向いてまっすぐ座れない。
そのせいか運転士さんはずっと立ったままでした。







ジェリダのケーブルカーは全長884m。
高速道路をくぐった所が中間地点。







ここまで周囲は畑。







ジェリダ町に入ると中間駅のGelida Baixador駅に停車。
そこから100mほど進むと掘割の中へ。







赤い壁が印象的な終点Gelida Estacio superior駅に到着。







掘割の上にある駅の入口。
後ろにある建物はケーブルカーの事務所。
そして駅の周りは住宅地。
完全に地元の人たちだけのケーブルカーだ。




ちなみに運賃は片道0.85ユーロ、往復1.05ユーロ。
この運賃で片道だけ使う人なんているのだろうか?


次は電車を乗り継いでモンセラットに行こう

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他旅行記

BLOG


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル
イギリス

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ
オーストラリア

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン





HOME

ヨーロッパの鉄道
スペイン
サッカー観戦に戻る

Copyright(c)nekomask