×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





2008.5  





バルセロナ(現在の気象状況)

Click for バルセロナ, スペイン Forecast








































































































































































































































































































































ヨーロッパ弾丸ツアーに行こう

■その4 サン・パウ病院とカサ・ミラを見学  【スペイン】


☆世界遺産を駆け足で周るなんて・・・。


続いては、2つの世界遺産を。
まず行ったのは、サン・パウ病院Hospital de Sant Pau
ドメネク・イ・モンタネールが設計し、1902年(明治35年)に着工した。
28年もの歳月をかけ、1930年(昭和5年)に完成している。
「芸術には人を癒す力がある」との信念で48もの病棟を作ってしまったという。
採算度外視。
今の日本の医療からは想像できない心の豊かさ。

そしてその次に向かうのはカサ・ミラCasa Mila。
ガウディが設計した、ミラさんのお宅。
1905年(明治38年)から1907年(明治40年)にかけて作られた。
建設当時は評判が悪く、「石切り場」なんて呼ばれていたらしい。
それが現在では観光名所、そして世界遺産に。
世の中の流れなんて、わからないものですネ。


サグラダ・ファミリアの内部見学をあきらめ、ゆるい坂道を上ってきた。
サン・パウ病院までは一本道。
振り返ればサグラダ・ファミリア。





そして前方に見えてきましたっ!
サン・パウ病院ですっ!





サン・パウ病院(世界遺産)。
世界遺産だけど、現役の病院。
初診の受付はどこ・・・?





振り返れば遠くにサグラダ・ファミリア(徒歩10分)。
そして病院を撮影する観光客(30秒前の自分自身)。





どーんとそびえるサン・パウ病院の正面玄関。
これが病院・・・?
やっぱり病院には見えない・・・。





実は、その・・・、病院、とても苦手です。
緊張します。
脈拍上がります。
血圧上がります。
あっ、保険証忘れた。

・・・。

覚悟はいいか!
いざ、病院の中へ!





最初のホールに入る。
なんか博物館みたいだ。
受付があって、
不安げな表情の人たちがベンチに座って、
田中さーん、1番診察室にお入りくださーい!
ときたまストレッチャーが横切って・・・、
なんてことは一切なし。
本当に博物館みたい。





ホールを抜けて病院内の敷地へ。
広大な敷地にはこんなたくさん病棟が並んでいる。





そして日向ぼっこをする入院患者。
傍らには点滴台。
ここが現役の病院だと実感した瞬間。





世界遺産に入院するのはどんな気分なんだろう。
私だったらちょっと遠慮願いたい。
昼間はいいけど、夜はなんか怖そう。
日本で入院したとき、隣の部屋からの呻き声にビビった経験が。
この病院の雰囲気だと、もっとビビりそう。





ゴメンナサイ、設計者の意図を無視した発言で。
この病院のデザインは人を癒すためのもの。
私のような思考回路だと、治る病気も治りません。





ふと見ると黄色の救急車が。
後ろのドアが開いている。
もしかして急患か!?





広大な敷地をくまなく見ることは叶わず。
軽く1周し、再び正面の建物に戻ってきた。
時間があればカフェテリアに行って食事をしてみたかった。
世界遺産の病院食とはどんなものだろう。






玄関を出て目の前を見ると・・・、遠くにはサグラダ・ファミリア。
うーん、やっぱりスゴイ環境。





サン・パウ病院にほど近い、Hospital de Sant Pau駅。
駅名を日本語にすれば、サンパウ病院駅。
そのままズバリですね。





地下鉄5号線に乗ってカサ・ミラへ向かう。
カサ・ミラの最寄り駅Diagonalは3つ目の駅。





Diagonal駅で下車。
5号線のホームからカサ・ミラ最寄の出口までちょっと遠い。
そして地上に出てみると・・・、





通りの先の方に見える、あの独特な建物がカサ・ミラだ!





東京にこんな建物があったらビックリだけどね。
でも、バルセロナだと自然に見えてしまう。





直線をまったく使っていないという。
現在も人が住んでいるという。
そんな世界遺産に興味津々。
さあ、中に入ろうか。
えっ、ここ、入口じゃない?
右に行くとある?
あ、そうですか。
じゃ、行ってみます。





本当の入口にあったのは長蛇の列!
しかもほとんど動きが無い。
ううっ、どうしよう。
現在の時刻は17:30になるところ。
・・・、無念。





屋上に上ってあの煙突も見たかったな。





ということで、カサ・ミラも外観だけ堪能して終了!
さ、次行こう、次。





次は路線バスに乗ってグエル公園だ!


HOME  サグラダ・ファミリアに戻る  グエル公園へ  世界遺産  スペイン

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル
イギリス

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ
オーストラリア

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン



Copyright(c)nekomask