×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





2008.4  





ジャカルタ(現在の気象状況)

Click for Jakarta Observatory, Indonesia Forecast




















































































































































































































































































































































ジャカルタの電車に乗ろう

■その4 元・JR武蔵野線に乗車@  【インドネシア】


☆運転席に乗せてもらっちゃった(^−^)

ハイ、またまたJAKARTA KOTA駅です。
今回乗車する電車は、元・JR東日本103系電車。
国鉄時代に3447両が製造された通勤電車。
東京・大阪はもちろん、北は仙台、南は福岡まで日本各地で走っていた。
「国電」といえばこの電車だという人も多いはず。
東京近郊では全て引退してしまったけど、大阪近郊では今でも活躍中。
国鉄〜JRで一生を終える電車が多い中、他社に譲渡されたのは16両だけ。
それも行先はすべて海外。
その行先がここジャカルタ。


出発を待つ電車の行先は「府中本町」
JR武蔵野線を走っていた電車で、2004年(平成16年)に海を渡ってきた。
最初はJR時代と同じオレンジ1色で走っていた。
それがこの色に変わり、この旅行の後でまた塗装が変わり、現在は青系に。





さて、そろそろ車内へ・・・。
って、どうやって乗るのさ?
それは気合で。
ドアの横に手すりがあるでしょ。
それにつかまって、よいしょって。
台車に足をかけてください。
しかしハゲた塗装が痛々しいな。





車内はJR東日本でリニューアルしたもの。
原型から色が全体的に変わっている。
このタイプの電車、南武線でよく乗ったなぁ。





スゴイのが残っていた。
日本語だらけだぞ!

「東京近郊路線図」

毎日通勤で使っているあの線もバッチリ!
下の広告を気にしなければ、ここは東京!





乗務員室のドアが開いていてたので、ちょっと覗き見。

「じょうむいんしつ」を漢字変換すると、「常務陰湿」になってしまうんだが(´Д`lll)
ここは陰湿な部屋なんかじゃないやいっ!





こんな風に写真を撮りまくる挙動不審な日本人に声をかけてきたのがこの2人。

「どこから来たんだ? 日本か?」
「マニアか?」
「仕事は何している?」
「これは日本の電車なんだ。日本の電車はグッドだ。」

などなど、カタコトの英語で。
実はこの2人、運転士さんと車掌さん。





まもなく発車時間。
運転士さんが手招きする。

えっ、そ、そこは・・・?
いいの!?

ということで、今回はこの場所から。
金網越しで見難いけど、今回はコレが最高の味付け。

出発進行!!





申し遅れました。
この電車は、急行TANGERANG行きです。
次のKAMPUNG PANDAN駅で進行方向を換え、TANGERANG駅を目指す。


線路はゴミだらけ。
家が建っているの、どう見ても線路の敷地内だろう。
こういうの、どこかで見た記憶が・・・。





DURI駅に停車。
この駅からTANGERANG線に入る。
ここはポイントと信号が切り替わるのを待つための停車。
ドアは開かない。
そこで運転士さんからの質問。

「Redは日本語でなんて言うんだ?」
「あか。」
「Yellowは?」
「きいろ。」
「Blueは?」
「あお。」

表示されている信号は?
ちゃんと信号を指差確認しないとね。

「アカッ!」「あかっ!」

レールすれすれの所まで市場になっているのは、気にしないように。





TANGERANG線は、全線単線。
路線の途中で分岐し、スカルノ・ハッタ国際空港 へ連絡鉄道を建設する計画もある。
この路線が空港連絡鉄道に?
そのときは改良するだろうけど、今はスゴイことに。





EKONOMI(普通列車)と列車交換。





運転士さん、お仕事中。





外は亜熱帯の雰囲気に。
乗っている電車は、日本の電車なのに。
東京近郊を走っていた電車なのに。





まもなくTANGERANG駅。





タイフォンを何度も鳴らしながら駅に入っていく。
すぐ横にある市場から、線路にはみだして営業しているのがいて・・・。
電車が来ると、日よけをどけたりと忙しそう。





TANGERANG駅に到着。
折り返す前にキップを買って、トイレに行ってと。
そうそう、駅のトイレは有料(チップ制)。





改札口の駅員さん。
みんなでニッコリ。





ホームから先ほどの市場を眺める。
電車が来ないとこんな状態。
只今バッチリ営業中。





車内にいた新婚さん(たぶん)。

もうね、目の合わせ方とか・・・、
やってらんねぇよぉぉ+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

ごちそうさまでした。





再びJAKARTA KOTA駅へ向け出発。

線路で何かを干していた。
運転士さんによると辛い食べ物らしい。
とうがらし?





頑丈そうな橋で川を渡る。
コンクリート橋の溝は左側がバイクの通路、右側はゴミで埋まっている。
いったいどんな使われ方しているんだ?





市街地に近付いてくるにつれ、線路にゴミが増えてくる。
ポイ捨てどころの量じゃないぞ。





DURI駅からの西線は複線になり、スピードも増す。
長距離列車と一瞬のすれ違い。





幹線道路の踏切も一気に通過。
タイフォンを激しく鳴らす。





JAKARTA KOTA駅に戻ってきた。
ポイントをいくつも渡り、ホームに入っていく。





ゆっくりゆっくりホームに入っていく。
もう降りなくちゃいけないのか。
早かったなー。





ご乗車ありがとうございました。
終点、府中本町です。

・・・じゃないだろ、JAKARTA KOTAです。

反対側の先頭車の方向幕は、真っ白。
でもよーく見ると、うっすらと赤い字で、

巻き戻すこと





最後にお世話になった運転士さん、車掌さん、駅員さん、どうもありがとう!
次も元・JR武蔵野線の電車に乗るぞ。


HOME  元・東葉高速鉄道に戻る  また元・JR武蔵野線に乗る
アジアの鉄道  インドネシア

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル
イギリス

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ
オーストラリア

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン



Copyright(c)nekomask