×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





2009.5  





台中(現在の気象状況)

Click for 台中市, 台湾 Forecast























































































































































































































































































台湾の小さな鉄道に乗ろう

■その2 台北から列車とバスで渓湖へ  【台湾】


☆観光列車として復活した台湾糖業鉄道に乗車。

かつて台湾南西部を中心に路線を拡げていた台湾糖業鉄道。
その名の通り、サトウキビやその製品を運ぶための産業鉄道である。
旅客輸送を行う路線もあり、「糖鉄」と呼ばれていた。
軌間は762mmで、一部路線は台湾鉄路直通貨物のために三線軌条もあった。
基本は標準軌(1435mm)の約半分であることから五分車 との名前も。
そして業績不振のためほとんどの路線が廃止されてしまった。
だが現在は数箇所で観光鉄道として復活運転がされている。


この日は五分車をハシゴするため台北駅から台湾新幹線に乗車。
まずは台中駅に向かった。





台湾新幹線台中駅と接続する西部幹線新烏日駅。
在来線は台湾鉄路管理局(台鉄)が運営している。
新幹線の駅は立派なのに在来線はいまだに仮駅舎。
土台と外壁は完成しているのに、中味は仮設のままだった。





新烏日駅からは集集線直通の車呈行き区間快車に乗車。
この車両は日本製のディーゼルカーだ。





先頭の左側は運転席。
右側は客席。
大人も子供もかぶりつき!





もちろん私も先頭からの眺めを堪能させてもらおう(^−^)
するとあることに気が付いた。
やけに線路の脇で三脚を立てている人が多いことに。
何か特別な列車でも走るのか?

区間快車が彰化駅に入線しようとしたとき、正面に黒い物体が。
煙が出ているぞ。
SLじゃないか!





わずかな停車時間だけど、急いでSLの先頭へ。
停車していたのはCK12型蒸気機関車が牽引する特別列車。
日本のC12型蒸気機関車の台湾版。
戦前に日本で製造され、台湾に投入したSLだ。





彰化駅で出会った日本製蒸気機関車とは一瞬でお別れ。
区間快車はさらに南下していく。
そして員林駅で下車。





員林駅は高架工事が始まったところ。
この味のある駅舎ももうすぐ過去のものになるかも。





渓湖へ行くバス乗り場は駅から少し離れている。
駅前の道を北に向かって歩いていると日本でもおなじみの店が。

   「パチソコ」





駅から歩いて5分ほどで和平路にある員林客運の員林站に到着。





まずは自動券売機で切符を購入。
紙幣は使えないので小銭の用意を。
なぜか自動券売機の横の扉が開きっぱなし。
中には仏壇。
これは商売繁盛?
それとも交通安全?





鹿港行きのバスに乗車。
乗り場に「鹿港」「渓湖」と漢字で書いてあるので安心。
ちなみにバスは1時間に2本。





員林から渓湖までは約30分。





バスを降りたら彰水路を南へ。





ガソリンスタンドの隣の建物に大きなSLの絵が。
実はこの建物、製糖鉄道の機関庫だ。
この先が製糖工場の入口。





ここが製糖工場「渓湖糖廠」の入口。
1919年(大正8年)に操業を開始し、2002年(平成14年)操業停止。
受付があるけど、この日はフリーパス。





入口からまっすぐ行くと踏切があり、その先が工場の建物。
中は無料で見学できるので、ちょっと寄ってみよう。





でっかい歯車が並ぶ。
これでさとうきびを搾ったそうだ。
その上のクレーンには「安全第一」。
日本も台湾も同じなんだなぁ。





ここはさとうきびから搾った汁を煮詰めるところ。
1つ1つが大きいし、数も多い。
他にも工場の中を見て回れます。





次は工場の敷地内を見学。
この大きなコンベアーみたいのは、さとうきびの刈り取り機。





刈り取り機の車庫の裏は製糖鉄道の機関庫。
さっきのガソリンスタンドの隣だ。
中には使われなくなったディーゼル機関車が何台も置かれていた。
手前のは現役かも。





機関庫から延びる線路にも使われなくなった機関車や貨車が。





ボロボロになったディーゼルカーもあった。
製糖鉄道の路線の一部で旅客営業をしていた頃の車両だ。
バスで来た員林〜渓湖にも路線(員林線)があり、旅客営業をしていた。





もう1つの機関庫へ。
ここには古い蒸気機関車が3両。
その後ろにはボイラーを挟んでディーゼル機関車が1両。
以前は観光列車を牽引していた牛柄の機関車だ。
そして横にはいらなくなった軸箱の山があったり。





次はいよいよ現役の蒸気機関車に対面。
そして乗車だ!


HOME  烏来台車に戻る  SLに乗車する  海外の鉄道  台湾

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他旅行記


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル
イギリス

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ
オーストラリア

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン





Copyright(c)nekomask