×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





2009.5  





嘉義(現在の気象状況)

Click for Chiayi, 台湾 Forecast







































































































































































































































































































































































































台湾の小さな鉄道に乗ろう

■その4 新営の五分車に乗車  【台湾】


☆一番長い距離を走る新営の五分車。

台湾では最大級の製糖工場だった新営糖廠。
また近くには副産品加工工場があり、多くの列車が運転されていた。
それが1990年代終わり頃に工場が閉鎖。
各地から運転されていた貨物列車も廃止されてしまった。
その後、観光鉄道としてトロッコ列車の運転を開始。
新営駅近くの中興駅から八老爺駅まで、4.6kmを往復している。
この距離は復活した観光鉄道の中でも最長距離。
片道の所要時間は約30分。
ここでは当時の台湾糖業鉄道の旅を満喫できる。


渓湖のSL列車を下車したら、急いでバスに乗車。
そして員林で台鉄の自強号に乗換え。
員林駅からは約1時間で新営駅に到着した。





新營車站の駅舎。





新営駅の駅前から南へと歩いていく。
五分車の中興駅までは約1km。





途中で使われなくなった踏切にぶつかる。
この線路は廃止になった台湾糖業鉄道長短樹線だ。
長短樹線には併用軌道もあったそうだ。
そして踏切の奥を見ると、小さな白い駅舎が目に入った。
ここが旅客営業を行っていた当時の糖鉄新営駅。





使われなくなったホームから台鉄西部幹線の電車を見る。
かつてはこの草むらの所にレールがたくさん敷かれていたのだろう。
ちなみに旅客列車が廃止されたのは1979年(昭和54年)。
その後も貨物列車は走っていたが、いつの間にか廃止されていた。





さらに南へと歩いていく。
道路がカーブしているその先には、使われなくなった大量の貨車が見える。
そして左側には踏切の標識。
ここもちょっと寄り道してみよう。





踏切跡の前には線路がたくさん残っていた。
手前には複雑な構造をしたポイントも見える。
これは三線軌条の線路。
糖鉄の線路の軌間は762mm、これに台鉄の貨物列車(1067mm)を直通
させるために3本目のレールを敷設したもの。
右側の建物は信号所の跡。





ようやく五分車の中興駅に到着。
大きな踏切があり、歩道橋の向こうが駅舎。
本来なら15分ほどで着くはずなのに、だいぶ時間がかかってしまった。





歩道橋の上から新営駅方向を眺める。
右側の草むらも以前はレールがびっしり敷かれていたはずだ。
奥に見える建物は機関庫。
現役時代は、この後ろに大きな製糖工場があった。





駅前に並べられた保存機関車。
手前は「順風牌」と呼ばれたディーゼル機関車。
その奥にはSLが何台も置かれている。





まずは切符を買わねば。
切符売場はどこだ?
切符を売っているのは駅舎の中にあるお店のレジ。





それではトロッコ列車に乗車!
新営では全てが西ドイツ製ディーゼル機関車の牽引する列車。
これから乗るのは16:00発の最終列車だ。





廠前車站(廠前駅)を通過。
旅客列車があった当時、最初に見た新営駅の次の駅がここだった。
線路を跨ぐ建物は調度中心。
日本だと運転指令所に相当する施設。





複線の線路を持つ布袋線と別れ、単線の学甲線へ。
上り勾配をゆっくり登っていく。





急水渓を渡る。





渓南旗站へと進入。
ここは副産品加工工場へ延びる線路の分岐点。
新営から続いた三線軌条も、ここから加工工場へと入っていく。





線路の真ん中でタブレットと手旗を持った係員さんが待っていた。
まさか、列車交換があるのか?





本当に反対側からトロッコ列車が来た!
ここの観光鉄道は本格的だぞ!





途中、こんな大きな踏切も通過。





学甲線からさらに分岐して大内線へ。
さとうきび畑の中を進んでいく。
昔はずっとこんな風景の中を走っていたのだろう。
現実はちょっとだけしかさとうきび畑が残っていない。





まもなく八老爺駅に到着。





八老爺駅に到着後、すぐに機関車は切り離されて入換作業開始。





八老爺駅は本格的な駅舎。
田んぼの真ん中にあった渓湖の濁水信号所とは全然違う。





隣には台鉄で廃車になった客車を利用したレストランがある。





この辺りは営長牧場の敷地。
八老爺駅の隣は観光牧場になっている。





       ぽりぽり。





折返し時間は約30分。
そろそろ中興駅に向けて出発!





帰りは一番後ろに乗車。
台湾の田舎の景色をゆっくり眺めよう。





さとうきび畑の間をゴトゴトと。





列車の形にくり貫かれた木の下を通過。





急水渓を渡る。
行きには気付かなかったけど、本格的な橋梁だ。





橋を渡ると右にカーブ。
新営の市街地に入っていく。





ポイントをいくつも渡り、終点の中興駅へ。





ご乗車お疲れ様でした。
中興駅、終点です。
お忘れ物なさいませんように。





これにて本日の営業は終了。
機関庫へと引き上げていく。
今後、新営駅近くまで路線の延長も計画されているそうだ。
その時にはまたぜひ乗りにこよう。





次は台湾の小さな鉄道で一番有名な阿里山森林鐵路に乗車だ。


HOME  渓湖の五分車に戻る  阿里山森林鐵路に乗る  海外の鉄道  台湾

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他旅行記


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル
イギリス

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ
オーストラリア

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン





Copyright(c)nekomask