×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


HOME





2008.7  



大きな地図で見る


新潟(現在の気象状況)
Click for Niigata, 日本 Forecast


キハ52快速べにばな号に乗ろう

■その1 新潟→越後金丸  【新潟県】


快速べにばな号は新潟駅と米沢駅を白新線・羽越本線・米坂線を経由して結ぶ列車。
この快速列車にはキハ52形という古いディーゼルカーが連結されていることがある。

かつて国鉄〜JRにキハ20系と呼ばれるディーゼルカーがあった。
この系列は1126両が製造され、北海道から九州まで全国のローカル線を走っていた。
昭和のローカル線といえば、この系列のディーゼルカーだった。
そのキハ20系の1グループが今回乗ったキハ52形。
キハ52形は1958年(昭和33年)から1966年(昭和41年)にかけて112両が製造されたディーゼルカー。
キハ20系のほとんどが廃車になった今、JR線で残るのはキハ52形の10両だけ。
(他にキハ20形が茨城県のひたちなか海浜鉄道に1両、岡山県の水島臨海鉄道に4両、JRから譲渡されて今でも現役)
キハ52形10両のうち、7両が新潟地区を中心に走っている。
実はこの7両は今年度中の引退が決定済み。
引退間近のディーゼルカーに乗って、ローカル線の旅を楽しんできました。



新潟駅2番線ホームに2両編成の快速べにばな号が入線してきた。
先頭車両は期待通りキハ52形!
よかったぁ、目的の車両に乗れて。
古い車両には似合わない塗装だけど・・・。
まあ、仕方ないか。







行き先と車両ナンバー。







車内は壁の張替えや座席の交換などのリニューアル済み。
だけどこのキハ52形にはクーラーが無い。
扇風機が暖かい空気をかき回している。
後ろの車両は冷房車。
しかしこの暑さも目的の1つ。
冷房車に乗るつもりはないっ!
今日は窓を開けてローカル線を楽しむのさ。







キハ52形の魅力の1つが窓全開!
最近は窓が半分しか開かなかったり、まったく開かない車両ばかりになってしまった。
自然の風を受けて景色を眺めるのが今日の楽しみ。







新潟駅を発車。
上越新幹線(車庫線)の高架と並走する。







阿賀野川を渡る。
『SLばんえつ物語』号の車窓から見た阿賀野川とは、まったく別の表情。







田園地帯を列車は駆け抜ける。







坂町駅に到着。
白新線・羽越本線を走ってきた快速べにばな号は、ここから非電化の米坂線に入る。
そして種別と列車名はそのままだけど、米坂線内は各駅停車に。
ここで運転士さんも交代。







複線の羽越本線と分かれて右へカーブしていく。







米坂線に入ると左側に磐梯朝日大橋が見えてきた。
ここから先は荒川に沿って走っていく。
この朝日磐梯大橋の付近は紅葉の名所。
最近は秋に鮭の遡上も見られるという。
そして、この辺りに花立駅(1995年廃止)があった。







列車は荒川と国道113号線に沿って走る。







越後片貝駅に到着。
たくさんの人たちが列車を待っていた。

なぜこんな無人駅に?

これはローカル線体験乗車が入ったバスツアーの団体。
しかも「体験乗車」だから、乗るのは1駅だけ。







ガラガラだった車内が一気に満席となって発車。







荒川の渓谷とからみあいながら進んでいく。
国道の赤い橋は金丸大橋。
緑の中に赤がよく映える。
美しい景色だなぁ。
バスツアーの皆さ〜ん、ちゃんと見てる?
おしゃべりに夢中の人が多いけど。








山が少し開けてきた。
添乗員さんがツアー客の皆さんに「もうすぐ降りますよー」と、車内を行ったり来たり。







越後金丸駅に到着。
ツアー客の皆さんが降りていった。
記念に列車の写真を撮る人もなく、全員あっさりと改札口へ。
ローカル線に興味がある人はいなかったか・・・。
ツアーに含まれているから仕方なく乗ったのね。




この越後金丸駅は新潟県最後の駅。
これから快速べにばな号は県境を越えて山形県へ

テーマ別


海外の鉄道
アジア
ヨーロッパ
その他

国内の鉄道
船・バス等

珍スポット
海外
国内

グルメ
世界遺産
その他旅行記

BLOG


行き先別


北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

香港・マカオ
中国
韓国
台湾
フィリピン
ベトナム
カンボジア
ラオス
ミャンマー
タイ
マレーシア
シンガポール
ブルネイ
インドネシア
インド
スリランカ
バングラデシュ
ブータン
ネパール
ウズベキスタン

フランス
モナコ
イタリア
スイス
リヒテンシュタイン
オーストリア
ハンガリー
チェコ
スロバキア
ドイツ
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
デンマーク
スウェーデン
ロシア
スペイン
アンドラ
ポルトガル
イギリス

エジプト
チュニジア
モロッコ
トルコ
イラン
イエメン

ケニア
ザンビア
ジンバブエ
南アフリカ
オーストラリア

カナダ
アメリカ
メキシコ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン






HOME

国内の鉄道
中部地方
SLばんえつ物語号に戻る 

Copyright(c)nekomasк